• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/10/24(Sun)

育休27日目 ~『迷走する両立支援』対談~

今日は、息子を妻に任せて、一人で『迷走する両立支援』の著者である萩原さんと、『イクメンプロジェクト』の仕掛人である厚労省の山口さんの対談に参加してきました。

一人で電車に乗ると本もゆっくり読めていいなぁ(笑)妻よ、ありがとー。


さて、この企画は、『迷走する両立支援』という本に共感した有志の方々によるイベントで詳細は以下参照。
http://socio-logic.jp/meiso/

この本は、僕も読んで、衝撃を受けたり、共感したり、悩んだり、何かと心揺さぶられるところが多かったので、今回、参加することに致しました。


会場の様子はこんな感じ↓




かなり熱い対談で、印象に残った言葉に、


『お互い様と言える社会』『支えあえる社会』になるためには、性別役割分業意識、一般職・総合職、正規・非正規など、支えあうには働く立場が違いすぎる。


という言葉が萩原さんからありました。



確かに、僕は企業で正社員で、ある種恵まれている環境にある。

そんな僕が『支えあえる社会にしたい』といっても、正直、違う立場の人には響かないでしょう。


これはもう個人でどうこう言ってる場合じゃない、こういった状態を打破する為には、
やはり国の介入が必要なんだと思います。


この様々な立場の人に共通する話で、保育の話がありますが、


育児休職は誰にでも当てはまる制度ではない。(雇用保険に一定期間加入していないと使えない)だから、『保育』を立て直すことが重要。保育は誰にでも開かれている制度。保育園は生活保障そのもの。親の生活保障ができて初めて子どもの生活保障ができる。


という萩原さんの言葉もありました。



そのとおりだと思いました。

保育園の待機児童の問題は、都市部限定で、しかも、入園できてしまえば、その苦労は忘れられるため、
なかなか根本的な解決にむけた気運が高まらないのですが、お話しをお聞きしていると、厚労省の中で、
具体的に、幼保一元化、保育の位置づけの見直しを進めているとのことなので、それに期待です。


他にも、いろいろと心に響く話があり、大変、勉強になりました。



これだけのイベントを働きながら、育児しながら、企画・運営するのは本当に大変だった思います。

WLB_cafeスタッフのみなさんありがとうございました!!


関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 11 育休中① (H22.9月末~10月) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Re: No Title

    >山口さん
    こちらこそ、よい機会を作っていただきありがとうございました。
    いろいろと学ばせていただきました。
    今回の対談で宣言したとおり、育休の記録しっかり綴っていきたいと思います。

  • No Title

    ご参加&ご感想ありがとうございます。
    萩原さん、山口さんの発言を聞いて、それぞれの方が自分の生き方の参考にしていただけたら、この企画の目的を果たしたことになります。そういう意味で、この記事はうれしかったです。
    これからも育児、仕事、がんばってくださいね。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。