• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/10/22(Fri)

育休25日目 ~男性の育休~

広島の湯崎知事が育休宣言し、それに対して、大阪の橋下知事が、
『首長は環境作りのあとに最後に取るべき』と、コメント出したりと、
何かと育休が話題になっているので、


男性の育休について、自分の頭の中を整理してみます。


ちなみに、冒頭の議論は、方法論の違いであって、行き着く先が、
『ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方の実現』であれば、
どっちゃでもええな、と思ったりします。

でも、知事も一人の父親だということを考えれば、制度を使って休むことで責められる必要はないと思います。


どちらにしても、男性の育休が世間の話題にあがれば、多くの男性が少しでも考えるきっかけになるので、
今回の話題作りはいいことだなと思ってます。



さて、僕自身が、育休についてよく聞かれることに、

『育休を取りたいと思ったきっかけは何?』

という質問があります。


で、これに答えるのが実は結構難しい。


というのも、
育休を取りたいと思ったきっかけなど特になく、

『子どもが小さいときに育児に専念してみたい』

という思いしかないからです。


で、この思いは、きっかけなどなく、自然に出てきてるものなので何とも説明が難しい。


もちろん、妻が学校に復学するためのサポートだとか、働き方の見直しのトリガーだとか、
周辺の理由はいろいろあるんですが、根本は、『育児に専念したい』という思いだけだったりします。

ただ、こう答えると質問者が納得しないので、結局、上記のことを付け加えることが多いんですけどね。




ちなみに、同世代の友人や会社の同期などに、


『育休取りたい?』と僕が聞くと、

『いやいや、うちの会社(部署)では取れないよ』と返されることが多々あります。


僕はこの『取れない』

と言うのが非常に残念だなぁと思います。


『取れる』か『取れない』ではなく、まずは『取りたい』か『取らない』かでしょ。


『取れない』と言ってしまうと、そこで思考が完全にストップしてしまいます。


子どもが産まれるにあたって、自分の家族にとってどうすべきかを考えることが大事であって、
結果的に育休は取らないほうがいいという判断も当然あると思います。


『育休取った男性はすばらしい』みたいな、風潮がありますが、そうではないと思います。

当然ながら、育休は手段であって、目的ではありません。



今回の、広島の湯崎知事も、育休といいながらも、丸1日休むのではなく、
時間単位の休暇をうまく使いながら、産後の妻をサポートしていくとのこと。


あまり、育休という方法にしばられずに、
まずは、家族にとって、自分はどうすべきかをしっかり考えることがが大事だったりしますね。


P.S.
何だか偉そうなこと書いてしまいました。
ママ軍団に怯え、児童館の手前で引き返してきたヘタレパパにも関わらず。。


関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 11 育休中① (H22.9月末~10月) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • Re: わかります☆

    >mariecraireさん

    いつもご覧いただきありがとうございます。

    >主体的に選択していけたら・・

    おっしゃるとおりだと思います。
    これは、人生全般に関わることですよね。

    仕事だと、『できない理由を探す前にできる方法を考えろ』みたいなことを、
    多くの人が理解しているし、部下に言ってたりすると思うんですけど、

    自分の人生となると、急にこの感覚がなくなっちゃうんですよね。


    ただ、この主体的な選択によって理不尽な不公平がでないようにすることも重要ですね。

    多くのワーキングマザーに当てはめられている、
    『子どもが産まれても働くという主体的な選択をしたんだから、それに伴う大変さは自分で背負いなさい』
    みたいな、考え方にならないためにも。

    多様性を受け止めれるよう、個人の選択を、会社が、社会が強力にサポートすることが重要ですね。

  • わかります☆

    いつも拝見しています。なかなか言えそうで、言えないこの投稿、すごく感情移入してしまいました。
    「育休は取りたいけど、無理だよ。」「残業したくないけど、帰れない」「休みたいけど休めない」よく聞く発言です。でも会社のせい、上司のせい、周りのせいで、無理って責任転嫁?って主体的じゃない。本当にそうなのかな。自分がやりたいのか、やりたくないのか。そして、やるか、やらないか、それだけ。無理なんてことはない、じゃあやってみよう、やってみるためにはどうしたらいいの?って考えてみたら、実現の道は開かれているのになぁ。育休だけに捉われず、各家庭がハッピーになるためのベストな選択を、主体的に選択していけたらな、と思います☆まとまりなくて失礼しました。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。