• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/06/18(Fri)

働き方と命

つい半年ほど前まで同じ職場にいた先輩の奥さんが、癌でお亡くなりになりました。

先輩社員も、僕と変わらず、いや、僕以上に長時間労働で、『仕事熱心』な方でした。

ある日奥さんの体調が悪くなって、病院に行ったところ、既に末期の癌であることがわかったのが半年前。
その後、療養に専念するため、地元の支店に異動となっていらっしゃいました。

そして、今朝方、訃報の連絡がございました。



たられば、の話はしてはいけないのですが、

もし、もっと家での時間があれば、奥さんの体調の変化を早く気づけたのじゃないか?

もしかして、仕事にかかりきりだったから、奥さんが調子悪いことを言いづらかったんじゃないか? 

『病院に行きたいから、休みを取って子どもを見といてもらいたい』と言えなかったんじゃないか?

夫が仕事をがんばっているから、ちょっとしたことで心配をかけさせまいと思ったんじゃないか?

毎日早く変えることができなくても、週に1回でも、定時で帰宅することができれば、こんなことにはならなかったんじゃないか?


もし、・・・

もし、・・・

もし、・・・



もちろん、その先輩の働き方が、直接的につながっているわけではないのですが、もし、こうしていたら、と考えずにはいられませんでした。

働き方と命の問題。





家族が心身ともに健康であってこそ働ける。


『社員とその家族が心身共に健康で幸せであること』を第一にする会社にしていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 99 つれづれ |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 健康あってのワークライフバランス

    自分自身が健康で働くことができること、
    笑顔で支えてくれる家族に感謝することが、
    ワークライフバランスの出発点だと思いました。
    痛ましい話しですが、共有ありがとうございました。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。