• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/09/02(Wed)

キャラ作りと刷り込み。

さて、育児休業にはさまざまな準備が必要ですが、まず育児休業を取りたいと思ったらすぐにでもしたほうがいいことは職場でのキャラ作りです。


遅刻をしてきても、「あいつはしょうがない。朝に弱いから」とみんなに思われて怒られない人が職場に一人はいませんでしょうか?

これもキャラのなせるわざ。

何度も遅刻しているうちに、みんながその人を遅刻キャラとして受け入れているのです(^皿^)



これと同じように、僕は妻の妊娠がわかるまえから、飲み会の席等で子どもの話なんかが出るたびに自分の子どもできたら育休をとりたいと上司、同僚に言い続け、キャラ作りをがんばりました。

むしろ自分が育休をとりたいということを言うためのきっかけに、同僚、上司に子どもの話をふってたりしました(笑)

その結果、実際に子どもができたときも、上司の頭の中で『妊娠=育休』ということが刷り込まれており、上司に妻の妊娠の報告をして返ってきた言葉は、『で、(育休を)とるのか?』という言葉でした。

このような流れになれば、あとは、『はい、とります』というだけで、難関と思われる育休取得の職場での承認すんなりいただけました。



今回、僕が上長に承認をすんなりもらえたのは、やはりキャラと刷り込みのおかげだと思います。

妊娠が発覚する前からことあるごとに様々な方面に言っておけば、自然とキャラはついてきて、職場での刷り込みもできます。
ただし、育児に対する考え方は人それぞれなので反対されることや誤解されることもありますが、それにめげずに、とにかく言い続けることでまわりもキャラを受け入れてくれるようになるのかなぁと思います。

関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 01 育休準備① |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。