• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/05/02(Sun)

育休と保育園

さて、僕は息子が6ヵ月になるこの10月から育休を取得する予定なのですが、
先日、保健所からの訪問診察があり、そのときに驚愕の事実が!!

僕の住んでいる江戸川区は東京でも一番子どもの数が多いで有名な区なのですが、
もちろんその分待機児童もものすごくおおいのです。

そのため、保険士さんからアドバイスされた内容が、6ヵ月からでも認証でも無認可でも
入れれるところがあるんやったらとりあえず入れたほうがいいとのこと。



なぬぅぅぅ!!


こちとら育休取ってまで、息子と向き合って育児をしていこうと思っているのに、
その時期に保育園に入れたほうがいいだとか。。。


希望では、来年、平成23年の4月から1歳児クラスに預けて、僕は仕事、妻は学校の日々になるはずが、
保育園に入れないとなると、妻が学校を退学することに追い詰められます。。


なんか、やっぱ今の保育園の事情っておかしいなぁ。

まぁこんな悩みは首都圏とか大阪とか都市部のみに悩みなんやろうけど。



そもそも東京に人がいすぎよね。




まぁ、そんなことを言っても現状は変わらないから、今から保育園探し(⇒いわゆる保活)に真剣に取り組まないといけません。

まずは、ポイントをあげること。
そして、区役所の担当の人へのアピールの仕方が重要だとか。。。


なんだかなぁ。



関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 01 育休準備① |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。