• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/03/14(Sun)

働き方って。。。

さて、今日はちょっといろいろ考えたことを徒然と。

3月はうちの部署にとっては、繁忙期まっさかりです。
ということもあり、先週は、ブログのタイトルとは異なり、毎日深夜3時~5時(←もはや深夜ではない)に家に帰ってました。

幸い、妻と赤ちゃんは、まだ、大阪で里帰り中なので、よかったのですが、とてもじゃないですが、この働き方はきつい。。。


まぁ、普段はそこまでではなくても、やはり、長時間労働が常態化していることには変わりがない。


で、そんなことをきっかけに、自問自答する中で、自分の理想的な働き方をするためには、
「組織で働いているなかでは結局難しいのではないか」
「独立しないと僕の思い描いている働き方ができないのではないか」
と、考えたりしていました。



僕のまわりで、充実した子育て&仕事&社会活動ライフを満喫している人の多くは、それぞれの分野で独立して、全てを融合しながら好循環の仕組みをつくり、まわしていらっしゃいます。

このロールモデルは、すばらしいと思うのですが、やはり、これを誰でもできるという訳にはいきません。


組織に属することは、リスクを回避しているようで、実は、大事な何か(⇒家族との時間とか、自分が大事したい趣味とか)を少しずつ失うというリスクを抱えている、


ということもわかる気がするのですが、やはり、じゃあ独立すれば、起業すればというふうに、誰にでも薦めれるわけでもない。




やはり、僕の理想は、『企業が継続して、高品質なアウトプットを出し続けるための経営課題として、男性の働き方の見直しをトップ自ら行う』ということです。


力強い経営を行っている企業の根底には、充実した働き方をする社員がいる。

そのためには、社員の多様な働き方を認め、個々の力を最大限に引き出す。

そういった、社員目線での働き方の見直しが、これからの経営手法にとって必須のものである、というムーブメントを興すことこそが、今、求められているような気がします。




今年は、おそらく『イクメン』という言葉に代表され、育児に力をいれる父親がブームとなって、メディアにもてはやされそうです。


しかし、ブームでおわらず、ムーブメントにするためにこそ、経営課題として、認識してもらう必要があるのだろうと思います。





何だか、大河ドラマの『龍馬伝』を見てからブログアップしたら、龍馬のように大風呂敷を広げたくなってしまいました。


でも、おそらく、これが僕の進む道なのでしょう。





『命を使い切らにゃいかん』




ドラマのセリフです。




『命を使い切らにゃいかん』




何だか心に響きました。





まずは、自分の部署の働き方改善のための提案ペーパーを作り、年度初めの4月に上司に話をしてみたいと思います。

もう、今年で28歳です。

会社に入って5年目を迎えます。



そろそろ、堂々とぶつからないといけませんね。







関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 99 つれづれ |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No Title

    日本の企業はその辺が難しいところだよね。
    うちの夫は幸い米国で働いているのでIT業界なのにもかかわらず残業になることはめったにないし、あってもどんなに遅くても10時くらいには帰ってくるし、日本のパパさんたちから見ればすごく羨ましい環境なんだろうけども…私の心境は微妙。
    だって早く帰ってきたって育児なーんにも手伝ってくれないんだもの。。。
    しょうたは育児に積極的に参加して偉いね。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。