• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/02/16(Tue)

育休とお金③

さてさて、会社員の方は1月に源泉徴収票が渡されたと思いますが、

この源泉徴収票が、いろいろな子どもが産まれたときの手当の計算の基本となったりしますので、
いいタイミングなので、出産とお金についてまとめてみましょーー!!

(給与制度の仕事をしてるものとして、お金については興味が津々なのです)

前回、まとめたお金のことについてはこちら
育休とお金②


ちなみに、源泉徴収票ってこんなのです。



gennsentyousyuu.gif

ここの、『給与所得控除後の金額』がポイントになりますので、要チェックです。



現在、僕は東京の江戸川区に住んでおりますので、江戸川区を例に書きます。
(自治体によっては、子ども関係の手当は結構異なりますので、ご注意を。)

こういった子ども関係の手当は、申請を行わないともらえないことが多いので、
父親として知っておかないと、もったいないですよー。

申請してるとしてないでは、江戸川区では年間276,000円も違ったりします。



ちなみに、江戸川区には子どもが産まれたら関係のある制度が3つあります。

(1) 児童手当
(2) 乳児養育手当(江戸川区独自)
(3) 子ども医療費補助制度
※話題の子ども手当はとりあえずは様子見です。



それでは、簡単にそれぞれの特徴を書いてみます。


(1)児童手当

これは、児童手当法に基づく国の制度なので全国一律です。


対象年齢・・小学校修了前まで (12歳になる年の3月31日まで)

手当支給額・3歳未満 1万円/月
      3歳以上 第1・2子 5千円/月
           第3子以降 1万円/月

      1ヵ月ごとに支給されるのではなく、年3回(6,10,2月)4ヵ月分ごとまとめて支給されます


対象者・・・前年の所得が所得制限以上でないこと(公務員はちょっと異なりますが割愛です)
      
      ※↑この所得制限額を源泉徴収票の所得控除後の額と比較します。
        共働きでも生計中心者の所得をみます。(合算するわけではないので、ご注意を)


所得制限(厚生年金加入の方)
     

      扶養人数     所得制限額
       0人       5,400,000円
       1人       5,780,000円
       2人       6,160,000円
       3人       6,540,000円
       それ以降は1人ごとに380,000円加算


(2)乳児保育手当

これは、江戸川区独自の手当みたいですけど、似たようなものは、各自治体あるみたいです。


対象年齢・・満1歳にならない乳児

手当支給額・1万3千円/月

対象者・・・江戸川区在住で、認可保育園に乳児を預けていない者
      あと、(1)児童手当と同様に所得制限もあります。

所得制限額・(1)児童手当と同額です。


(3)子ども医療費助成制度

これは、各自治体にもあると思うのですが、助成対象年齢がまちまちです。江戸川区は結構長いです。

対象年齢・中学校修了前まで(15歳になる年の3月31日まで)

助成内容・・医療費の自己負担分を助成⇒つまり、健康保険に入ってれば『無料』になります!!
      ※助成されないもの(予防接種や健診など)も少しありますが。

対象者・・・なんと、これは所得制限はありません!!





だいたい、こんな感じですかね。

冒頭にも書きましたが、子どもに関する手当は、自治体によって結構異なりますので、
まずは、市役所・区役所等のHPで確認しましょー。

で、わからなければ、電話すれば親切に教えてくれます。



これらに加えて、来年度は子ども手当ですねぇ。

個人的には、お金をばらまくんじゃなくて、保育園の充実や、保育士の労働条件の改善に使ってほしいなぁと
思ったりもします。

まぁ、もらえるものは嬉しいですけどね。


よし、次こそは本題の育児休業給付金をまとめるぞー!!

(育介法の改正でなんかまとめづらいんですよねぇ)


関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 02 育休準備②(お金について) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No Title

    >もんきち
    次回は、育児休業中の給付金についてがんばって書きます!!

  • No Title

    大変勉強になりました。
    バイブルです。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。