• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/11/01(Sun)

結婚記念日旅行@日光・鬼怒川

今日は結婚記念日で日光・鬼怒川にプチ旅行です。


IMG_0483.jpg



ちょうど1年前の11月1日に、大阪で結婚式を挙げました。

あれから、1年。

結婚した当初では考えられないほど、いろいろと変わりました。


結婚した当初は、新婚旅行でもケンカしたり、日々の些細なことでもケンカしたりと、こんなんでこれからずーっとやっていけるんかなとお互い不安でしたが、少し経つと、仕事も慣れてきて、妻も学校にいきだして順調にすすみだしました。

そして、そんなときに、赤ちゃんができ、またもてたんやわんや(◎-◎;)


そんなこんなな1年でしたが、トータルで考えれば、すごく幸せな1年だったし、夫婦としてすごく成長できた気がします。


あと3ヶ月で子どもが生まれます。


子育てについては、いろいろと勉強中ですが、今、一番重要だなぁと感じているのは、『妻をしっかりと愛すること』です。
(何だかかっこつけすぎて恥ずかしい。。。)


夫婦がラブラブなら、子どもは自然に育つんだろうなと思います。

夫婦が将来の目標をあわせて、力をあわせて、歩いて行くことこそ子育ての土台だと感じます。



でも、この夫婦のコミュニケーションってのが難しいんだなぁ(あいだみつを風)


関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 01 育休準備① |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • というか出産の報告ちゃんとできてなくてごめんなさい…!

    しょうたさんも映ってましたねー。やっぱり笑顔が素敵だ。家族を大切に考えている人の笑顔ですよ!

  • お誕生おめでとうございます

    いちのすけさん
    遅くなりましたが、お子さんのお誕生おめでとうございます!!
    かわいい赤ちゃん&奥さんがテレビに映ってましたねぇ。
    赤ちゃんかわいくてしょうがなくて、赤ちゃんばかりに目がいきがちですが、やっぱり基本は夫婦ですよね。

  • No Title

    すごく同感です!
    夫婦仲良く心穏やかであれば、子供も健やかに育つものだと自分も考え始めました。
    子供が生まれてから思ったのですが、子供って親の不安な気持ちとか焦ってる気持ちってすごく敏感に感じ取っているんだなぁと。生まれたばかりで言葉は全然通じないのに不思議ですよ(^_^;)

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。