• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2013/03/27(Wed)

働き方見直しの結果② 在宅勤務(1)〈家庭生活のメリデメ〉

さて、働き方見直し②の「在宅勤務」について、
どうなったかのご報告なのですが、


実は、数回しか在宅勤務を実施できておりません。。。



なぜ、そうなったかのかという経緯を書く前に、

まずは、実施回数は少ないのですが、在宅勤務を実施して思ったメリット・デメリットなど、家庭生活に関することを書きます。


メリット
 (通勤がないので)
   ①前日の夜、少し気持ちに余裕が出る。
   ②朝も余裕があり、保育園に息子を送りに行く前に絵本を読める

 (家で仕事をしているので)
   ③宅急便等の荷物を確実に受け取れる
   ④昼休み中に、予約していた本を図書館に借りにいける
   ⑤昼休み中に、掃除等ちょっとした家事ができる
   ⑥天気のいい平日に布団が干せる
   ⑦地震が起きても、子ども達をすぐに迎えに行ける距離だから安心
   ⑧仕事終了後、すぐに子どもの迎えや家事にとりかかれて、夜の時間に余裕がでる。




と、通勤がなく家にいることで、一言でいうと、

「家庭生活に余裕が出る」

といったメリットがあります。



実際にやってみるまで気づかなかったんですが、在宅勤務だと、前日の夜から既に余裕が出るんですよね。

で、気持ちに余裕があると、夫婦の時間・コミュニケーションが増える気がします。


実際、僕が在宅勤務をしたとき、息子の保育園の運動会にむけ「子どもの似顔絵を書いてきてください」というお願いが保育園からあったので、子どもが寝ついてから妻といっしょに息子の似顔絵を書いて、どっちがうまいか、みたいなこともしたりしました。

普段なら、平日のバタバタの夜にこんなこと絶対しません。


あと、ネットでモノをよく買う僕にとって、荷物を確実に受け取れるというのは、以外に便利でした。


         ダンボール



もちろん、メリットばっかりではありません。
家で仕事することで、デメリットもあります。


デメリット
 (家で仕事をしているので)
   ①光熱・水道費、電話代等がかかる
   ②おかしを食べ過ぎる
   ③昼ごはんを用意しなければいけない
   ④(家にいる)妻がリラックスできない


僕の会社では、在宅勤務時の電話代等の負担を会社はしてくれないため、
仕事でいろいろなところに電話をすると結構お金かかります。

ということで、メールでの連絡が増えるのですが、
メールばっかりでコミュニケーションをとっていると、やっぱり伝わりづらかったりもします。


あと、これは個人差あるとは思いますが、ついついお菓子を食べて過ぎてしまいます。

職場にいれば、売店に買いに行くという手間があるため、それほどお菓子たべないですが、家ではボリボリ食べてしまう。



           ポテチ



これはまずい。。。。確実に太る。。




あと、昼ごはんが結構面倒。

普段は会社に食堂があるのでそこで食べているのですが、
家で自分で作るとなると、インスタントラーメンとかになりがち、、


            カップヌードル


で、結局、野菜とか食べないので、これも太る傾向に。。。。





さらに、「妻がリラックスできない」というデメリットもありました。



これは、共働きであれば生じない問題ですが、妻が家にいる方は結構大きいかもしれません。

今回、我が家の場合は次男が産まれたばかりであり、普段、妻は家にいる状態でした。



で、僕が1日家で仕事をしているため、結構、気を使わせてしまいました。

「家にいるのに話しかけてはいけない」、というのは結構なストレスだったりします。


普段の夫婦仲が良くない場合は、もうこのデメリットだけで、在宅勤務という選択肢は消えるでしょうね。
考え方によっては、なるべく衝突を避けていた夫婦が、在宅勤務をきっかけに衝突し、お互いの気持ちを話すきっかけができ、夫婦仲がよくなるこもあるかも、なんて、、


とまぁ、デメリットはあるものの、総合的に見れば、家庭生活において在宅勤務はかなりよい働き方だと実感しました。




さて、肝心の仕事について、



世間では、在宅勤務は業務効率を上げると謳われておりますが、


あまり大きな声では言えませんが、
ちょっと効率下がったような気がします。。。



少し長くなってきたので、今回はここまで。

次回は、在宅勤務時の仕事の効率のことを書きたいと思います。



関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 41 次男誕生後 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。