• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/02/17(Fri)

ブログの締め④(参考資料など)

(ブログの締めの記事、第4弾です)


3.参考資料など

 
  このブログを読んでいただいている皆様は、少なからず男性の育児休業や男女共同参画などに
 興味のある方だと思いますので、大学生時代から関連する本をちょこちょこ読んできた中での
 厳選3冊(プラスおまけ1冊)をご紹介したいと思います。

  少し古い本もあるのですが、イクメンブームがあったとはいえ、残念なことではありますが
 日本の構造自体はこの10年で特に変わっていないので、今読んでも全く問題ないものばかりです。

  ※書籍名にリンク貼っておきます



 (1)厳選参考書籍


  ① 男性の育児休業 社員のニーズ、会社のメリット
    
    2004年3月 佐藤博樹・武石恵美子/著 中央公論新社   


    41WD.jpg



   僕が大学で卒業論文を書いていた頃に、唯一、男性の育児休業について体系だって
  まとめられていた本です。
   東大の佐藤教授と法政大の武石教授という、WLB、男女共同参画などの第一人者たちの
  共著で、男性の育児休業の効果などについてデータ等をもちい非常によくまとめられています。





  ② 迷走する両立支援  今、子どもをもって働くということ
    
    2006年7月 萩原久美子/著 太郎次郎社エディタス


    51TC59.jpg


    この本の中に男性はほとんど登場しません。

    現代社会に生きる女性の努力と苦悩、挫折、あきらめ、そんな様々な内容を、
   多くの女性から行ったヒアリング調査をベースに、記者であった著者がまとめた
   素晴らしい本です。
    男性が仕事ばかりしているために、女性に引き起こされている現状を知るために必読です。


     なお、こちらの本に興味を読まれた方は、2010年10月に有志の方が行われた著者対談、
    「迷走する両立支援」2010 ~格差と少子化の国のワークライフバランスは、いま~ 
     を、無料で電子書籍化されておりますのでぜひご覧ください。

     
     http://p.booklog.jp/book/40576

     (WLB_Cafeメンバーの皆様、素晴らしい企画&電子書籍化ありがとうございます!!)
     
     

     ちなみに僕も育休中に対談を聞きにいかせていただきました、そのときの記事はこちら
    




    
  ③ 親と子の愛情と戦略
    
    2011年2月 柏木惠子/著 講談社

   3163.jpg


    公衆衛生の改善と医療・生殖医療技術の発達により、子どもを「授かる」から、子どもを「作る」
   という考え方になったことで引き起こっている様々な現代家族、現代社会の課題がまとめられています。

    この書籍で勉強になるのは、著者が、1932年生まれの今年で御年80歳になる家族心理学の大家と
   いうこともあり、介護についてまで深く書かれています。
    
    育児をしてこなかった男性が、急に介護をせざるを得なくなったときに何が起きるかなど、
   男性の育児を、育児期間だけのものとみるのではなく、将来の介護まで見越し、長い時間軸で
   みていらっしゃいます。





   あと、おまけ1冊、



   ④ 近代家族のゆくえ 家族と愛情のパラドックス

     1994年5月 山田昌弘/著 新曜社


     19309170.jpg



     男性の育児休業につながる家族社会学にのめりこむようになったきっかけの1冊です。
 
     「パラサイトシングル」や「希望格差社会」など、その時代を上手に切り取る言葉を
     生み出されてきた中央大・山田教授の近代家族についての考察。

     今でも印象に残っているのは、冒頭の以下の文章。



    「家族」という言葉は幸せである。
    
    家族の崩壊、機能不全家族など、家族がうまく機能しないという言葉はあるが、
   『「家族」がうまくいっているときは幸せである』という定義が疑われることはない。


   (記憶を頼りに書いてるので、こんな感じの文章だったと思う、、、また確認しておきます)



    この言葉で、僕の中の『家族』というパラダイムがガラガラと崩れたため、
   『家族』とは何か、今後、『家族』はどうなっていくのか、と考えるきっかけとなった。


    そういったことを考え続けた結果、今のような、男性の育児や家事の必要性、
    夫婦関係の重要さを認識するのに至ったように思う。


    そんな、きっかけを与えてくれた僕のなかでの大事な本です。




    
    本の紹介はここまでで、


    あと、イクメンブーム真っ盛りのときに育児休業を取得したこともあり、
    何かとメディアに取材されましたので、記録としてそれらを下記に記載しておきます。
    
    ※ネット上に公開されてるようなものはリンク貼っておきます



  (2) 育休関係のメディア露出記録


   ①テレビ
    2010.6.25 NHK 首都圏ネットワーク    
    2010.10.5 NHK クローズアップ現代 ”イクメン”で行こう!~男の育児が社会を変える~  

   ②雑誌
    2010.3 Men's LEE 創刊号  ⇒子育て座談会ということで、妻が妊娠する前に、
                        育児への想いを話しました
    2011.4 Men's LEE 2011春号 ⇒1日密着取材受けて育休関係など話しました
    2011.10 Men's LEE 2011秋号 ⇒なぜか、育児とPCというテーマで取材されました
                         パパ友と遊んでる様子なんかも掲載されました
 
   ③自治体関係    
    2010.10 江戸川区女性センターだより 第9号 ⇒育休時の生活について取り上げられました

   ④web記事    
    2009.12 47news 子育てさがし(共同通信) 「父親学校について」
                                ⇒ファザーリング・スクールに通ってたときの話

    2010.4 ママも必見「パパの子育てスイッチ」 ⇒妻が里帰り出産して、東京に帰ってきたころの話



    その他、ラジオや社内のWLB推進ポスター、イントラネット上に体験談掲載など




    他に、4、5名の大学生の方から卒業論文のインタビュー依頼等あり協力させていただきました。
    ブログに掲載してもいいという了承を得れた論文については、後日、こちらにアップしたいと思います。







   次回、『男性の育休とは・・』、というテーマで最後の記事をアップしたいと思います。



関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 22 職場復帰② (完全復帰) (H23.2月~) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。