• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/02/14(Tue)

ブログの締め③(育休による変化)

(ブログ締めの続きです)


2 育休を振り返って
 
 (1)自分に起きた変化

    育休取得前は、単に好奇心から育休を取ってみたいというのが強く、
   妻からは、『育児がしたいのか、育休をとりたいのかどっちなのよ!』と怒られる始末でしたが、
   そんな僕も、育休を通して育児の楽しさに気づきました。

   育休でパパスイッチがやっと入ったのです(笑)

   息子のちょっとした変化や、表情をみているだけで楽しくなりました。
   
   育休前までは、そのちょっとした変化に気づかなかったんだろうなぁ。


    育児でも、仕事でも何でもそうですが、自分が本気になって、苦労も全部引き受けて初めて、
   本当の楽しさがわかるんでしょうね。


 (2)夫婦関係の変化
 
    実は、うちの夫婦は子どもができる前までは、非常によろしくない関係でした。
    しょっちゅうケンカして、険悪なムードになり、妻に辛い思いをさせてた気がします。

    仕事で頭がいっぱいいっぱいになってた僕は、仕事をやめて東京についてきてくれた妻に対して、
   何がしたいの?とか、いつまでに何をするか目標たてなダメやよ!とか、
   家の中でも仕事のような考え方でしか会話ができず、当たり前ですが、雰囲気は悪くなる一方でした。


    ただ、そんな中、妻の妊娠がわかり、子育てにむかって走り出すことで、とりあえず、
   向いている方向はいっしょになったので、ケンカは少なくなりました。
   でも、この時点では、お互いのことを理解していると言うよりは、単に向いている方向が
   いっしょだっただけだと思います。



    で、育児に本格的に関わることで、妻との会話の仕方が大きく変わった気がします。
 
 

   『しんどいよー』、

   と妻が言えば、



   それまでの僕なら、
 
   『どうしたん?栄養剤飲んで早く寝な』


   
   と、求められてもいない解決策を返してましたが、





   最近は、

   『しんどいねー。毎日お疲れ様。』

   

   と、まずは、共感のワードが自然と出るようになった気がします。



    というのも、一人で家にいて家事・育児していると、しんどかったことや大変だったことを
   とにかく共感してほしいという思いが強くなります。

    これは、女性だろうが、男性だろうが同じだとおもいます。

    こういうことを経験したから会話の仕方に変化がでてきたのだと思います。



    この共感して欲しいという思いから出てくる言葉が、

   『しんどいよー』だったりする、ということが育休の時の体験からよくわかりました。



    まぁ、そんな変化もあり、育休後は、仕事で帰りが遅いときに、すべて息子の世話を
   してくれている妻に感謝することが多くなり、自然と「ありがとう」という言葉も増えました。


    また、育児の楽しさ、しんどさを共有できるようになったため、夫婦関係は、
   育休の前後で格段に良くなったように思います。



    ある意味、男性の育児休業の目的は、「夫婦関係の基礎をつくるため」と言っても
   過言ではないほど、夫婦にとって大きな意味があると思います。
 


 (3)仕事のスキルについて

   男性の育児関係の本などを読んでいると、

   育児をすると、
   「タイムマネジメント力、マルチタスク力、リスク管理能力が高まる!!」

   というような内容をよくみかけます。



   うちのNPO代表の安藤さんもよくおっしゃってたりします。




    正直いいますと、このことについては、僕は懐疑的なところはあるのですが、
   実感していることが1つだけあります。



   それは、「育成力」です。

  
   これは間違いなく、育児をしている男性とそうでない人では、大きく差がでてくると思います。

 
    子どもの世話をしていると、相手がいっていることもわからないし、ヤダヤダって泣かれるわと、
   うまくいかないことだらけです。


    そんな中で、子どもとコミュニケーションとるためには、よく子どもの様子を観察したり、
   何を言っているかをよく聴くことが必要です。

   
    また、子どもが、モノを壊したり、人を叩いたり、叱らないといけないときもあります。
  
    何回もそういうことがあると、頭ごなしで怒っても何も伝わらないことを、父親として経験します。



    そのため、怒るのではなく、叱り方を考えるようになります。




    今、僕が心がけている叱り方は、

  
   「子どもの目線で、目を合わせて、短い言葉で叱る」



   「叱った後に、わかったと子どもに聞く」
  
   「はい」と言ったら、「わかったらよろしい」と、頭をなでたり、ぎゅーっとハグしたりする。


    みたいな感じでやってます。



    やったことは叱るけど、存在自体を否定しない。


    こんなことを大事にしています。



    上記に関連するようなデータもありました。

    DSC07483.jpg

   (柏木惠子 2011.2 「親と子の愛情と戦略」より)








   部下ができたとき、この経験で培った、傾聴と叱り方は様々な場面で間違いなく役に立つ。
 
   これは断言できます。





   まぁ、部下どころか、部内で一番下っぱなんで、いつ証明できることやら(笑)





   次回は、男性の育休に関する参考資料などアップします。あと2回で、全部かけると思います。


  
関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 22 職場復帰② (完全復帰) (H23.2月~) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。