• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/06/19(Sun)

子どものケガ

1週間ほど前のことなのですが、


仕事で帰りが遅くなっていた僕の携帯に、妻から悲壮な声で、

『大悟が綿棒で耳を突いて大泣きしている、鼓膜が破れたかもしれない!!』


という連絡がありました。

もう、夜9時をまわっていたこともあり、まずは、
小児救急相談の#8000に電話を』と、連絡を入れ、慌てて家に帰りました。

(↑#8000は携帯からでも繋がるので、みなさんもぜひご登録を)


相談した結果、出血し、大泣きしたけれども、今はおっぱいを飲んで落ち着いているということで、
翌日の朝に耳鼻科に行くことになりました。



で、翌朝、



診察結果としては、右耳の鼓膜が破れていました。
ただ、治るもので、担当のお医者さんからは、『耳の奥のケガと思ってください』と
心強い言葉をいただきました。



今回のケガは、妻が少し目を離した隙におきた事故でした。


このとき僕は、

『自分が早く帰っていれば、防げた事故だった』と、

強く反省しました。


僕が仕事で遅いときは、
妻一人で、保育園迎えにいって、夕飯の準備をして、ごはんを食べさせ、風呂に入れ、寝かしつけをしてくれています。

とてもじゃないですけど、息子の行動をずっと見れるはずがありません。


でも、僕が早く帰っていれば、お互いをサポートしつつ、どちらかが息子の遊び相手になれたはずです。


何かの調査で、父親が育児に積極的な家庭では、子どもの事故発生率が50%程度減少する、という結果がありました。
(↑何の調査か思い出せませんでした。数字等誤っていたら申し訳ございません)

これは、単に子どもを見る目が増えれば、事故防止に大きく効果があるということです。



父親が早く家に帰ることは、子どもを事故から守るという意味でも、非常に重要なことだと気付きました。

また、最近、時間をかけて仕事をしている自分の甘えも気付かされました。



P.S.育休取ってなかったら、育児の大変さを理解できず、『なぜちゃんと見ていなかったんだー』何て最悪のセリフで妻を責めていたかもしれません。。。

関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 22 職場復帰② (完全復帰) (H23.2月~) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。