• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/10/13(Tue)

育休とお金②(休職中の収入)

前回の続きで育児休業中のお金(会社からの収入)について考えてみよー。

会社によって給与制度はまちまちなので、これは僕の会社でのお話ですが、
多くの会社で共通点があると思いますのでご参考にしていただければと思います。



まず、基本ですが、ほとんどの会社は育休は無給休職に設定されていると思います。


じゃあ、休職中はお金なんかでないじゃないか!!というと、実はそうではないのです。


ここで、確認してほしい給与のポイントは3つ、

①ボーナス
②翌月払いの給与項目
③日割計算対象外の給与項目


です。


ここからは、かなり細かい話ですが、妻が専業主婦の夫が育休をとるとなると
1万円でも大きな違いですので、書いていきます。


①ボーナス

 多くの企業は夏(6月)と冬(12月)に1回ずつボーナスが支給されます。
 僕の場合、予定では9月末から2月頭まで育休をとる予定なのですが、
 間にボーナス支給月である12月が挟まってます。

 ここで、見るべきポイントは2つ。

『支給対象者と支給額の算定方法』です。

 1)支給対象者

  ボーナスを支給する対象者が会社で定めらているはずですが、
  その支給対象者に育休中の社員が含まれているか確認が必要。

 2)支給額の算定方法

  支給対象期間に何ヵ月働いていたかをベースに算定されます。
  例えば支給対象期間が6月1日から11月30日の6ヵ月間の場合、

  僕の場合は支給対象期間のうち約2ヵ月間休むこととなるので、通常の支給額の
  おおよそ6分の4となることになります。

  ですので、例えば、45万円ボーナスで前回もらっていれば、30万円くらいは休職中でも出るのです。

これは、でかい!!

生活が助かるわぁ。


②翌月払いの給与項目

 給与については、項目によって、当月払いのものと、翌月払いのものがあります。
 一番わかりやすいのは、時間外手当はほとんどの企業は翌月払いのはずです。
 他にも、不定期に支給されるもの(交代手当とか、宿直手当みたいなもの)は
 翌月に支払われるものが多いと思います。

 ということで、休職をした月から給与がゼロになるというわけではなく、
 その月は、時間外手当などの分は支給されます。

 時間外の量や単金によって大きく変わるでしょうが、5万円程度は出るんじゃないでしょうか。


③日割計算対象外の給与項目

 これは、かなり細かいです。

 実は、給与の中には、日割計算されるものとされないものがあります。
 例えば、扶養手当なんかが日割対象外の給与項目だったりします。

 どういうことかというと、その月のうち、1日でも働いていれば満額出るということなのです。


 ここで、なぜ僕が、10月4日から1月28日まで育休を取りたいかの理由があります。

 そうです、この休職期間なら、10月給与と1月給与で満額の扶養手当が出るのです。
 扶養手当はバカにできません。特に専業主婦で子どもが生まれたら、月3万円程度
 もらえたりしますので、この数日の違いで6万円も変わるのです。

 ただ、会社によって、日割計算対象外の給与項目は大きく異なると思いますので
 要確認だと思います。



このように、実は無給休職ながら、結構お金はでたりしますので、育休のお金の
計画を立てるときは、まずは会社の給与にくわしい人にいろいろと聞いてみると
いいと思います。


さて、次回は、育児休業中の給付金についてだー!!






関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 02 育休準備②(お金について) |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • ありがとうございます

    いちのすけさん
    励ましのお言葉ありがとうございます。
    いちのすけさんのブログはいつも参考になりますね。今後ともよろしくです。

  • No Title

    これはすごい。社内育休向けお得ハンドブックができそうですね!
    しょうたさんの会社で育休取得者が出たら日本の流れも変わってきたな~って思える気がします。がんばってください!!!

  • おひさー

    コメありがと。
    給与は細かくできてるから難しいよねぇ。

    最近では育児力が婚活には有効らしいよ。
    合コンで『自分は子どもができたら育休とりたい』って言ったらモテモテやー(^ω^)

    p.s. ランチョンマットは貰い物やからどこで売ってるかわかりませーん

  • No Title

    おひさしぶりです。
    さすがBA…というべきか、しょうたっぽいとうべきか…とにかく勉強になります。
    といっても育休どころか結婚の予定もまったく無いのですが(笑)

    男で育休って、正直、あんまり聞かないよね…うちの会社ですら。
    でも、BAみたいな忙しい部署でこそ、男でも育休とれるってなったら、すごいいいモデルケースだよねぇ。
    採用パンフに載せれるくらい。ということで、モデルケースになれるよう、がんばって★

    どーでもいいけど、ランチョンマット、ロフトで買った??あれの紺色を買おうか検討中でした…。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。