• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/01/25(Tue)

復職22日目 ~チームで仕事~

短時間勤務で16時30分に退社する生活も終盤です。


現在の普段の仕事は、基本的には役割分担し個人で進めながらも、大きな案件については、
4名のチームで相談しつつ仕事を進めていく感じでやっています。

復職後しばらくは、個人で完結する仕事が多かったのですが、
2月頭の会議に向けて、最近は、少し大きめの案件に手をかけております。


ここで、難しいのは、仕事の引き継ぎ方。


文面を推敲したり、じっくり時間をかけて作る資料なんかは、今の働き方では限界があるため、
アウトラインを作って、その続きを同僚にお願いする必要があります。

こういった状況を想定して、朝メール・夜メールを復職後毎日しているのですが、
やはり、自分一人だけでやってても、自分の時間管理だけにしか機能せず、
チーム内での効果は発揮されていない状況です。


まず、自分が16時30分までに、自分ができることと、自分ができないことをしっかり判断して、
出来ないことは、潔く頼むということが大事ですね。


でも、この『潔く頼む』というのが、難しい。

心のどこかで、本来は自分が全部するべき、全部したい、という思いもあるため、
まだ、うまく頼むことができてきません。

また、『頼む』ということは、それまでの経緯や方向性をしっかりと伝える必要があります。

ここも、まだまだ、うまくいかない。


こういったことに出くわすと、あぁ、育休前までも自分一人で抱え込み過ぎていたのかなぁ、
とふと反省したり。


チームで仕事をしていくというのは、みんな自然とやっているようで、その成果の最大化や効率化については、
深く検討して、実践できていないような気がします。(自分も含めて)


そんなことに気付かせれた、短時間勤務終盤の1日でした。



P.S.チーム内での打合せの時間を決める際、『荒木の帰る時間考えて、3時半くらいからしよか』と、
僕が帰ることを前提に、自然と配慮してくれた一言が何だかうれしく、心に残りました。




関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 21 職場復帰① (短時間勤務) (H23.1月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。