• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/01/06(Thu)

復職3日目 ~平日晩ごはん~

正月明け3日目ともなると、みんな朝から仕事モード全開でしたが、
今日も、短時間勤務の僕の定時である、16時半に退社してきました。

退社のときに、特に嫌な顔もされず『お疲れ様』と言ってもらえるのは、ほんとありがたい。



で、帰りに妻から頼まれた野菜をスーパーで買って家に着くと18時前。


妻が息子をお風呂に入れてる間に、パパっと僕が夕飯と離乳食を作り、

19時過ぎには、家族揃って『いただきます』ができました。


IMG_1845.jpg
(先日、丸ごと1本買って後悔した大根を使って、大根の中華風ひき肉あんかけ、など作りました)


夕飯を食べながら、慣らし保育に行ってきた息子の様子を妻に聞いたり、今後の家事の分担のことを話したり、
ちょっとした会話をしながら晩ごはんを食べました。


以前も少し書いたのですが、

やはり、家族揃って晩ごはんを食べるというのはいいですね。


『ああ、今の時間いいなぁ』としみじみ思います。


子どもの話など自然と会話できてて、何かいい感じ、と妻も喜んでました。


育休をとったことで、同じ立場で、同じ目線で話せるようになっているのかもしれません。

こういった何気ない会話にも、育休の効果が出てるかも。


アメリカの企業家である、ワナメーカーの言葉に、こんなものがあります。

「自分の仕事を愛し、その日の仕事を完全に成し遂げて満足した軽い気持ちで晩餐の卓に帰れる人が、最も幸福な人である。」、と。

こういった幸福を僕は目指したい。


ちなみに、@ニフティのパパスイッチで、家族の団らんを応援する
平日晩ごはんプロジェクト』を現在行っています。

平日晩ごはんに関するアンケートや記事などがあり、なかなか興味深いです。

関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 21 職場復帰① (短時間勤務) (H23.1月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。