• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/12/31(Fri)

育休最終日 ~育休振り返り~

さて、今年も残りわずか、9月末から始まったこの3ヵ月育休生活について、それぞれの項目について、ざっと振り返ってみたいと思います。


端的に育休の感想は、

『息子がめちゃめちゃかわいい』
『妻といい感じの夫婦になれてきたかな』


です。



(以下は、長文になりますので、興味のあるところだけお読みくださいませ)



1.育児

初めて、息子と2人っきりで日中を過ごす日々を経験したことで、育児の大変さを身にしみて実感。

例えば、1人でお風呂に入れて、自分であげて、お風呂後のケアすることの大変さ、
息子に、離乳食をあげながら、自分のご飯を食べる慌しさなどなど、

2人でやれば楽しいことも、全て1人でやるとなると、もう、てんやわんやでした。


ただ、こういった大変さがあったからこそ、息子への愛着が増し、

育休前とは、比べ物にならないほど、

『息子のことが、かわいい、愛しい』と感じられるようになりました。


このことだけでも、育休を取った価値はあったなと思えるほどです。


2.家事

①料理

育休前は、炒める、茹でる、という料理しかできなかった自分ですが、
毎日、朝ごはん、お弁当、夕飯を作るなか、格段に料理能力はあがったはず。

例えば、育休初期は、
『春巻きつくるぞー!!』と決心して、
スーパーに、春巻きの皮から、春雨から、全ての具材を買い揃えるような料理でしたが、

2ヵ月目くらいからは、
『今日は大根が安いから、大根をメインに何か作ろう』といったような発想で料理できるようになりました。


また、そういった中で、毎日夕飯に悩むみんなの思いがよくわかりました。

ほんと、毎日、夕飯何にしようか悩んでた気がします。


そんなとき、役立ったのは、我が家で取ってる、パルシステムの注文表に載ってるレシピとか、
新聞の日曜版に載ってるレシピとか、、助かったなぁ。


また、こういった料理をする中で、食事と健康についても考えるようになり、

薄味でバランスのよい食事の大切さなども勉強になりました。


②その他の家事

料理以外についても、ちょっとした工夫を学びました。

掃除、洗濯については、
とにかく動線をいかに短くするか、二度手間をなくすか、
を、ポイントに考えて、家事時間を短くするよう試みてました。

短くなって、できた時間は自分の時間になったりするので、
この時短については、モチベーションが高かったです。

例えば、洗濯物を取り入れるときは、取り入れると同時にたたみ、すぐに、
タンスに入れることで、洗濯物の山を作らないようにするとか、、

ほんと、細かいことばかりですが、自分的には、なかなか効率的に家事できたかなと思ってます。



3.息子の成長

育休に入ったときは、7ヵ月に入ったばかりの息子で、まだ、ずり這いしかできず、
離乳食も10倍粥を1口、2口しか食べなかったのに、

この育休の間に、息子は、


離乳食をバクバク食べるようになり、

つかまり立ちから、つたい歩きができるようになり、

歯が二本生え、

自己主張が強くなってきました。


この成長の過程を隣でいっしょに過ごせたことは、
今は、あまり大事だったという実感はないのですが、

時が経つにつれ、すごく幸せな時間だったと感じるようになると思います。


4.夫婦コミュニケーション

結婚、今の忙しい部署への異動が同じタイミングだったいうこともあり、
平日に夕飯をいっしょに食べるなんてない日常でした。

今から思えば、妻とのコミュニケーションがほとんどなかったような気がします。


その反動というか、この育休の3ヵ月間、妻とはよくケンカしました。

ただ、これまではケンカもできないような生活だったなと、2人で感じ、
まだ、未熟ではありますが、やっと夫婦になってきた気がします。


夫婦関係がいい方向に進んだことが、僕にとっての育休の最大の効果だったと思います。


5.地域とのつながり

ママ友、パパ友が、ちょっとはできました。

妻がママ友に事前に、誘ってあげてね、と言ってくれてたこともあり、
ちょくちょく、ランチなんかに誘われて、おしゃべりしてました。

このママ友のランチは、すごく重要。

やっぱり、同じくらいの子どもを持ってる親の悩みは似てるので、
そこで、情報共有するだけで、心が軽くなったりするのです。

また、児童館のイベントや図書館の読み聞かせにちょこちょこ顔を出し、
児童館の職員さんと顔なじみになることもできました。



その職員さんから、パパサークルを作ってほしいとお願いされ、

来年、少ない人数ながら、まずは集まってみましょうと、パパサークルが発足する予定です。

まぁ、まだ何をするか決まってないんですが、地域のパパ達で集まって、
楽しいイベントができればいいなと思ってます。


6.自分の心境の変化

【1ヵ月目】 育休の新鮮な生活に、家事に育児に張り切りまくり。1人で何でもやろうとする。
【2ヵ月目】 少しずつ疲れてくる。妻に弱音を吐けるようになり、少し気楽に育児・家事しだす。
       ちょっと育休生活に飽きてきて、仕事をしたくなる。
【3ヵ月目】 息子の突発性発疹、風邪、ノロウイルスで一家全滅など、闘病生活が中心。
       親は病気にならないように最大限予防しないといけないなと実感。
       

7.周りの反響

時代のイクメンブームもあり、何かとメディア等に注目していただきました。

NHKでは、首都圏ネットワークとクローズアップ現代で放送してもらい、
江戸川区の女性センターの広報誌にも載せてもらったり、
社内でのWLB啓発ポスターのモデルになったりと、

何だか自分がすごいことをしているのかと勘違いしそうになるほどでした。


まぁ、こういったものを見ることでそれぞれが何かを考えるきっかけになれば嬉しいです。


8.お金

給料については、当初の予定外が2つありました。

1つは、年金等は翌月払い、ということ。
翌月払いのため、休職していた11月が無給どころか、請求されるという予想外なことがおきました。

それとは逆にプラスもありました。
年末調整による、12月の税金の還付です。

思ったより返ってきて助かりました。


お金の変遷については、育児休業給付金が入ったころに、
また、別途、報告するようにいたします。





まぁ、ざっとこんな感じです。



さて、今日の忘年会で、
『育休取ってよかった?』と、友人に聞かれました。


これだけは断言できます。

『育休を取ったことで自分という人間が広がった』


なかなか、言葉にはしづらいこと、実感しないとわからないことを
たくさん経験できた気がします。


復職後、更なる試練が待ってますが、
職場と対決するのではなく、誠実な仕事により信頼関係を築き、
少しずつ働き方を改善していきたいと思います。


復職後は、なかなかブログを更新できないかもしれませんが、
今後ともよろしくお願いいたします。




関連記事
スポンサーサイト
Home | Category : 13 育休中③ (H22.12月) |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback1

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 育休を検討されているパパにおススメ!~日本初の父親学校「ファザーリング・スクール」6期性募集中!

    たびたびご紹介しているファザーリング・スクールですが、 とくに、育休を考えているパパにお勧めしたい 厚労省の調査では、男性の育休取得率は1%台ではありますが、 ファザーリング・スクール受講生の育休率はかなり高いです。 きちんと調べてないのですが、毎... ...

コメント ▼


    
  • Re:

    >あづまさん

    いつも応援ありがとうございました。
    江戸川区パパ紹介待ってます!!
    パパスクールも始まりますし、江戸川区盛り上げていきます


    >山口さん
    おっしゃるとおり、これからが本番です。
    誠実な仕事をしつつ、周りに流されないようがんばります。


    >もんきち
    いつも見てくれてありがとう。
    お互い、いろいろと壁にぶつかりながらも父親として、男として成長してるね。
    また、パパ談議しましょう!!

  • No Title

    お疲れ様でした。
    実際に育休を取得した人が言うと、とても説得力のある言葉ばかりで、
    同じ父親として、すごいなぁと思います。
    自分のやりたいこと、家庭、育児、夫婦関係、
    独身のときには考えなかったことばかりで、
    大変やなぁと思うこともあるけど、
    それ以上に得ていることもあると思います。
    父親として、夫として、ひとりの男性として、お互いがんばろう。

  • これからが本番

    お疲れさまでした。
    『育休を取ったことで自分という人間が広がった』
    これを育休後に始まる本当のチャレンジに生かしてくださいね。

  • あっという間の3カ月

    育休、おつかれさまでしたー^
    生声のレポート、とても参考になります。
    ぼくも育休とろうかなぁ

    スクール4期に江戸川区の2歳児パパがいました。
    今度、紹介しますね。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。