• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2013/02/14(Thu)

働き方見直しの結果① 原則、定時あがり

”あっ”という間に、長男も来週で3歳になります。

次男も、もうすぐ離乳食始めるとか、何か信じられない。。。



さて、半年ほど前にブログで記載した「働き方改善宣言」の、その後について報告です。


改めて、働き方改善の内容は以下の3つ。

①原則、定時あがり
②週に1回は在宅勤務
③4月からGW明けまで育児休職




今回は、①「原則、定時あがり」について



以下が、僕の時間外労働(残業)時間の実績です。


jikangai.jpg

いやー、前の職場では毎月80時間以上残業してたと思うと、ものすごい短なったなぁ。


まぁ、そんなことは置いといて、

見ての通り、次男が産まれた8月から時間外が減っています。
まぁ、8月は夏期休暇があるし、9月は業務的に忙しくなかったので、意識した結果ではないわけですが、

10月からは定時上がり意識しました。




が、思わぬ壁が、、、



しかも、妻から、、、




「そんなに早く帰って来ないでいいから、もうちょっと働いて給料増やして(懇願)」




||||||||||||||(* ̄ロ ̄)||||||||||||||||





確かに、深夜2時まで働いてころと比べたら給料めちゃくちゃ減った上、子ども2人いたら家計が大変なわけですよ。


でも、早く帰って、育児・家事したほうが、妻も少しは楽になる、と思って定時あがりを率先していたのですが、
現実はそんなに甘くはないですね。。





とまぁ、そんなことを11月くらいに言われてから、
たまたま、12月以降、上司からのオーダーが増え、その他の業務も増えたため残業増えてます。

※決して、ゆっくり仕事をして、ムダに残業しているわけではないですよ(汗)


ただ、最低、週3日は定時あがりで、他の2日に残業を集中させ、
メリハリつけれているので、いい感じではあります。


これも、仕事の進め方を、かなりの範囲自分で決めれる担当にいるということが大きいですね。

結局、WLBという意味では、『業務の裁量度』と『職場のコミュニケーション』が非常に大事だと、
これまでの職場をとおして実感しました。
(あと、妻との感覚を合わせることと、、)



次回は、②在宅勤務について報告しまーす。


スポンサーサイト
Home | Category : 41 次男誕生後 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。