• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/09/14(Fri)

上司との相談結果

さて、先日のブログで宣言したとおり、

上司と、今後の働き方について相談してまいりました。



おさらいですが、僕のやりたい働き方は、


①原則、定時あがり

②週に1回は在宅勤務

③4月からGW明けまで育児休職


の3点。






先日、仕事の関係の打ち合わせをしていて、


その流れで、



「実は別件なんですけど、妻と子どもがこちらに戻ってきてからの働き方について
ご相談したいことがあるんですけど、、、」



と、かなりストレートに相談しました。



①の定時上がりは、実は、今の業務だとそれほど難しくありません。

(前の職場では、ありえませんけど、、)


というのも、普段からそれほど残業していないので、あとは、自分の段取り&仕事スピードを
あげるだけで、それほど迷惑かけずにできます。



問題は、②の在宅勤務。


101102productivity_remotework-thumb-480x318.jpg

(↑我が家は、こんなカッコよくありませんが、、、)



2年前に会社の制度が改正されて、かなり多くの社員が使えるようになったのですが、


実際に使っている方はほとんどいない。



ていうか、同じ部署では皆無。




そのため、みんな、どんな制度なのかも把握しておりません。




今回、相談したときに気をつけたポイントは、以下2点。




①まず、自分が制度のことをしっかり勉強する。

②なぜ、在宅勤務を取りたいのかをはっきり伝える。



そもそも、相談するほうも、相談されるほうも制度のことをわかっていないと、
話になりません。

それって、どうやって申請するのか、在宅勤務中の勤務時間はどう管理するのか、など
基本的なところはしっかり調べておきました。



②の、なぜ、在宅勤務をとりたいのか、というのは、


このあたりをちゃんと説明しないと、下手すると、上司の目のないところでサボりたいだけやろが、

と勘違いされる可能性があると思います。



今回、僕が在宅勤務をとりたい理由は3つ。


Ⅰ 単純に通勤時間を短縮でき、その分、家事・育児ができる

Ⅱ 子どもと親が二人きりで家にいることがどれだけしんどいかわかるので、
  たとえ、仕事をしていて別の部屋にいたとしても、家にいる、それだけで
  妻の気持ちが和らぐから。

Ⅲ 会社、また、社会全体で柔軟な働き方を広げていきたいと考えており、
  そのためにもまずは実践して、良い点や課題を自分で感じたいから。



ここまで真剣に在宅勤務について考えてりゃ、そう簡単に反対できないでしょう。



と、いろいろ考えていったのですが、

そんなことせずとも、理解ある上司だったので、すんなりOKいただきました。










ただ、③の4月から育休は、まだ、言い出せておりませんが。。。。。





まぁ、とりあえずは、9月末には、妻と子ども達が帰ってくるので、

定時上がり&在宅勤務生活を進めていきたいと思います。




また、そのころになったら様子をアップしますね。


スポンサーサイト
Home | Category : 41 次男誕生後 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/09/10(Mon)

次男誕生と働き方見直しについて


2012年8月21日 23時23分、元気な男の子が誕生しました。


DSC08447.jpg



病院に着いて、わずか30分で産声をあげるという、超スピード出産。
長男の時と違い、立ち会い出産できたのですが、あまりの早さに、僕は、あたふたしていただけでした。





次男は、「岳人(がくと)」と名づけました。


連なる山々のように、雄大で、いろんなことを受け止めれる広い心を持った人間になってほしい、という思いを込めました。




妻は、里帰り出産であったため、退院後、実家の大阪で静養中ですが、生後1ヵ月の健診とお宮参りをしたら、東京に返ってくる予定です。



そこからは、当然ながら、僕が全力で家事・育児をしなければなりません!!
数ヶ月の単身生活で、ある意味、充電たっぷりです。





そのために、まず、やることは上司と今後の働き方についての交渉です。



妻が帰ってきてからの働き方については、


①原則、定時上がり
②週に1回以上、在宅勤務 (会社の制度上、月8日までOK)
③妻が復職予定の4月からGW明けまで育児休業


を、考えております。





が、交渉をするにあたって、実は大きな問題があります。



それは、


上司が2ヶ月前に変わって、まだ、信頼関係がそれほど出来ていない、ということ。




前の上司であれば、ある程度、僕のキャラやどういったことに重きを置いている人間なのか、ということをわかっていただいていたので、話も進めやすかったのですが、新しい上司とは、まだ、そこまで腹を割って話せていません。




今のステータスとしては、




先月、飲みに行った時、

僕が以前育休取得したことを知っている方に、


「荒木くん、今回も育休とるのー?」

と、ナイスアシストをして貰ったので、



上司の前で、
「いやー、実は4月くらいに取りたいんですよねー」と、話して、軽く印象づけした程度なのです。。


とはいっても、妻と息子たちが東京に帰ってくる日も近づいてきています。

今週中には、上司に話しをしてみたいと思います。


うまくいくように、パワポで説明資料つくろかな。





p.s. こんなブログもやってます。http://blog.livedoor.jp/kids_it/


Home | Category : 99 つれづれ |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。