• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2012/02/21(Tue)

ブログ締め⑤(育休とは、)


5.最後に




  改めて、僕にとって育休とは何だったのか、


  を、振り返ってみたいと思います。







  男性の育休は、




  『静かなる革命である』









  と、「稼ぐ妻・育てる夫」の著者である、治部れんげさんはおっしゃいます。








  僕も同じ想いです。




  男性の育児休業は、休業を取得した本人やその妻のジェンダー意識を一掃します。


  これまで、ダイバーシティとか、男女共同参画とかは日本社会にとって大事だよねーと思ってても、
  『男は仕事、女は家庭』という意識が、頭の奥底に残っていた気がします。


  この頭の奥底にはびこっているヘドロのようなジェンダー意識を、育休は一掃してくれました。


  こういった経験をした人が増えれば、これは間違いなく社会構造が変わる。
  つまり革命ににながるのだと思います。








  この話は、社会側からみた男性の育休の側面ですが、



  では、一個人からみた育休とは何だったのか、








  それは、







  新たな世界に出会える、最高の『旅』である。
















  育休は、


  世界を一人旅したときのように、未知の世界や文化に出会い、新たな人との出会いがあり、
  
  自分の視野や考え方を広くできる、そんな最高の『旅』のような気がします。




  ひとりでも多くの男性がこの素晴らしい旅に出られるよう、育休の素晴らしさや必要性を今後も
  様々な方法で伝えていきたいと思います。





  
  気まぐれに書いたり書かなかったりするブログでしたが、

  長い間、ご愛読いただきありがとうございました。



  
  DSC07598.jpg
  

                                            2012年2月21日
                                            息子2歳の誕生日に

                                            荒木 正太 

  
  

   











 《追記》 


  今後、書きたいと思っているブログのテーマ


   ①子どもとIT機器   
     子どもとIT機器の付き合い方を模索する活動日記 (⇒近いうちに書きだします)
 
   ②子連れバックパッカー  
     2011年8月に子どもを連れてネパールでヒマラヤトレッキングしてきたこととか、
    子連れキャンプや登山などのアウトドア系情報共有 (⇒余裕があれば書きたい)
  
   ③育休 again?
     2人目が産まれるときの僕の感じたことや行動の記録 (⇒どうなることやら)


  書き始めたら、こちらのブログにもURL掲載したいと思います。



                                                (おわり)



スポンサーサイト
Home | Category : 22 職場復帰② (完全復帰) (H23.2月~) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/02/17(Fri)

ブログの締め④(参考資料など)

(ブログの締めの記事、第4弾です)


3.参考資料など

 
  このブログを読んでいただいている皆様は、少なからず男性の育児休業や男女共同参画などに
 興味のある方だと思いますので、大学生時代から関連する本をちょこちょこ読んできた中での
 厳選3冊(プラスおまけ1冊)をご紹介したいと思います。

  少し古い本もあるのですが、イクメンブームがあったとはいえ、残念なことではありますが
 日本の構造自体はこの10年で特に変わっていないので、今読んでも全く問題ないものばかりです。

  ※書籍名にリンク貼っておきます



 (1)厳選参考書籍


  ① 男性の育児休業 社員のニーズ、会社のメリット
    
    2004年3月 佐藤博樹・武石恵美子/著 中央公論新社   


    41WD.jpg



   僕が大学で卒業論文を書いていた頃に、唯一、男性の育児休業について体系だって
  まとめられていた本です。
   東大の佐藤教授と法政大の武石教授という、WLB、男女共同参画などの第一人者たちの
  共著で、男性の育児休業の効果などについてデータ等をもちい非常によくまとめられています。





  ② 迷走する両立支援  今、子どもをもって働くということ
    
    2006年7月 萩原久美子/著 太郎次郎社エディタス


    51TC59.jpg


    この本の中に男性はほとんど登場しません。

    現代社会に生きる女性の努力と苦悩、挫折、あきらめ、そんな様々な内容を、
   多くの女性から行ったヒアリング調査をベースに、記者であった著者がまとめた
   素晴らしい本です。
    男性が仕事ばかりしているために、女性に引き起こされている現状を知るために必読です。


     なお、こちらの本に興味を読まれた方は、2010年10月に有志の方が行われた著者対談、
    「迷走する両立支援」2010 ~格差と少子化の国のワークライフバランスは、いま~ 
     を、無料で電子書籍化されておりますのでぜひご覧ください。

     
     http://p.booklog.jp/book/40576

     (WLB_Cafeメンバーの皆様、素晴らしい企画&電子書籍化ありがとうございます!!)
     
     

     ちなみに僕も育休中に対談を聞きにいかせていただきました、そのときの記事はこちら
    




    
  ③ 親と子の愛情と戦略
    
    2011年2月 柏木惠子/著 講談社

   3163.jpg


    公衆衛生の改善と医療・生殖医療技術の発達により、子どもを「授かる」から、子どもを「作る」
   という考え方になったことで引き起こっている様々な現代家族、現代社会の課題がまとめられています。

    この書籍で勉強になるのは、著者が、1932年生まれの今年で御年80歳になる家族心理学の大家と
   いうこともあり、介護についてまで深く書かれています。
    
    育児をしてこなかった男性が、急に介護をせざるを得なくなったときに何が起きるかなど、
   男性の育児を、育児期間だけのものとみるのではなく、将来の介護まで見越し、長い時間軸で
   みていらっしゃいます。





   あと、おまけ1冊、



   ④ 近代家族のゆくえ 家族と愛情のパラドックス

     1994年5月 山田昌弘/著 新曜社


     19309170.jpg



     男性の育児休業につながる家族社会学にのめりこむようになったきっかけの1冊です。
 
     「パラサイトシングル」や「希望格差社会」など、その時代を上手に切り取る言葉を
     生み出されてきた中央大・山田教授の近代家族についての考察。

     今でも印象に残っているのは、冒頭の以下の文章。



    「家族」という言葉は幸せである。
    
    家族の崩壊、機能不全家族など、家族がうまく機能しないという言葉はあるが、
   『「家族」がうまくいっているときは幸せである』という定義が疑われることはない。


   (記憶を頼りに書いてるので、こんな感じの文章だったと思う、、、また確認しておきます)



    この言葉で、僕の中の『家族』というパラダイムがガラガラと崩れたため、
   『家族』とは何か、今後、『家族』はどうなっていくのか、と考えるきっかけとなった。


    そういったことを考え続けた結果、今のような、男性の育児や家事の必要性、
    夫婦関係の重要さを認識するのに至ったように思う。


    そんな、きっかけを与えてくれた僕のなかでの大事な本です。




    
    本の紹介はここまでで、


    あと、イクメンブーム真っ盛りのときに育児休業を取得したこともあり、
    何かとメディアに取材されましたので、記録としてそれらを下記に記載しておきます。
    
    ※ネット上に公開されてるようなものはリンク貼っておきます



  (2) 育休関係のメディア露出記録


   ①テレビ
    2010.6.25 NHK 首都圏ネットワーク    
    2010.10.5 NHK クローズアップ現代 ”イクメン”で行こう!~男の育児が社会を変える~  

   ②雑誌
    2010.3 Men's LEE 創刊号  ⇒子育て座談会ということで、妻が妊娠する前に、
                        育児への想いを話しました
    2011.4 Men's LEE 2011春号 ⇒1日密着取材受けて育休関係など話しました
    2011.10 Men's LEE 2011秋号 ⇒なぜか、育児とPCというテーマで取材されました
                         パパ友と遊んでる様子なんかも掲載されました
 
   ③自治体関係    
    2010.10 江戸川区女性センターだより 第9号 ⇒育休時の生活について取り上げられました

   ④web記事    
    2009.12 47news 子育てさがし(共同通信) 「父親学校について」
                                ⇒ファザーリング・スクールに通ってたときの話

    2010.4 ママも必見「パパの子育てスイッチ」 ⇒妻が里帰り出産して、東京に帰ってきたころの話



    その他、ラジオや社内のWLB推進ポスター、イントラネット上に体験談掲載など




    他に、4、5名の大学生の方から卒業論文のインタビュー依頼等あり協力させていただきました。
    ブログに掲載してもいいという了承を得れた論文については、後日、こちらにアップしたいと思います。







   次回、『男性の育休とは・・』、というテーマで最後の記事をアップしたいと思います。



Home | Category : 22 職場復帰② (完全復帰) (H23.2月~) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/02/14(Tue)

ブログの締め③(育休による変化)

(ブログ締めの続きです)


2 育休を振り返って
 
 (1)自分に起きた変化

    育休取得前は、単に好奇心から育休を取ってみたいというのが強く、
   妻からは、『育児がしたいのか、育休をとりたいのかどっちなのよ!』と怒られる始末でしたが、
   そんな僕も、育休を通して育児の楽しさに気づきました。

   育休でパパスイッチがやっと入ったのです(笑)

   息子のちょっとした変化や、表情をみているだけで楽しくなりました。
   
   育休前までは、そのちょっとした変化に気づかなかったんだろうなぁ。


    育児でも、仕事でも何でもそうですが、自分が本気になって、苦労も全部引き受けて初めて、
   本当の楽しさがわかるんでしょうね。


 (2)夫婦関係の変化
 
    実は、うちの夫婦は子どもができる前までは、非常によろしくない関係でした。
    しょっちゅうケンカして、険悪なムードになり、妻に辛い思いをさせてた気がします。

    仕事で頭がいっぱいいっぱいになってた僕は、仕事をやめて東京についてきてくれた妻に対して、
   何がしたいの?とか、いつまでに何をするか目標たてなダメやよ!とか、
   家の中でも仕事のような考え方でしか会話ができず、当たり前ですが、雰囲気は悪くなる一方でした。


    ただ、そんな中、妻の妊娠がわかり、子育てにむかって走り出すことで、とりあえず、
   向いている方向はいっしょになったので、ケンカは少なくなりました。
   でも、この時点では、お互いのことを理解していると言うよりは、単に向いている方向が
   いっしょだっただけだと思います。



    で、育児に本格的に関わることで、妻との会話の仕方が大きく変わった気がします。
 
 

   『しんどいよー』、

   と妻が言えば、



   それまでの僕なら、
 
   『どうしたん?栄養剤飲んで早く寝な』


   
   と、求められてもいない解決策を返してましたが、





   最近は、

   『しんどいねー。毎日お疲れ様。』

   

   と、まずは、共感のワードが自然と出るようになった気がします。



    というのも、一人で家にいて家事・育児していると、しんどかったことや大変だったことを
   とにかく共感してほしいという思いが強くなります。

    これは、女性だろうが、男性だろうが同じだとおもいます。

    こういうことを経験したから会話の仕方に変化がでてきたのだと思います。



    この共感して欲しいという思いから出てくる言葉が、

   『しんどいよー』だったりする、ということが育休の時の体験からよくわかりました。



    まぁ、そんな変化もあり、育休後は、仕事で帰りが遅いときに、すべて息子の世話を
   してくれている妻に感謝することが多くなり、自然と「ありがとう」という言葉も増えました。


    また、育児の楽しさ、しんどさを共有できるようになったため、夫婦関係は、
   育休の前後で格段に良くなったように思います。



    ある意味、男性の育児休業の目的は、「夫婦関係の基礎をつくるため」と言っても
   過言ではないほど、夫婦にとって大きな意味があると思います。
 


 (3)仕事のスキルについて

   男性の育児関係の本などを読んでいると、

   育児をすると、
   「タイムマネジメント力、マルチタスク力、リスク管理能力が高まる!!」

   というような内容をよくみかけます。



   うちのNPO代表の安藤さんもよくおっしゃってたりします。




    正直いいますと、このことについては、僕は懐疑的なところはあるのですが、
   実感していることが1つだけあります。



   それは、「育成力」です。

  
   これは間違いなく、育児をしている男性とそうでない人では、大きく差がでてくると思います。

 
    子どもの世話をしていると、相手がいっていることもわからないし、ヤダヤダって泣かれるわと、
   うまくいかないことだらけです。


    そんな中で、子どもとコミュニケーションとるためには、よく子どもの様子を観察したり、
   何を言っているかをよく聴くことが必要です。

   
    また、子どもが、モノを壊したり、人を叩いたり、叱らないといけないときもあります。
  
    何回もそういうことがあると、頭ごなしで怒っても何も伝わらないことを、父親として経験します。



    そのため、怒るのではなく、叱り方を考えるようになります。




    今、僕が心がけている叱り方は、

  
   「子どもの目線で、目を合わせて、短い言葉で叱る」



   「叱った後に、わかったと子どもに聞く」
  
   「はい」と言ったら、「わかったらよろしい」と、頭をなでたり、ぎゅーっとハグしたりする。


    みたいな感じでやってます。



    やったことは叱るけど、存在自体を否定しない。


    こんなことを大事にしています。



    上記に関連するようなデータもありました。

    DSC07483.jpg

   (柏木惠子 2011.2 「親と子の愛情と戦略」より)








   部下ができたとき、この経験で培った、傾聴と叱り方は様々な場面で間違いなく役に立つ。
 
   これは断言できます。





   まぁ、部下どころか、部内で一番下っぱなんで、いつ証明できることやら(笑)





   次回は、男性の育休に関する参考資料などアップします。あと2回で、全部かけると思います。


  
Home | Category : 22 職場復帰② (完全復帰) (H23.2月~) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/02/12(Sun)

ブログの締め②(NPO活動)

(前回の続き。NPOファザーリング・ジャパンとしての活動の近況を書いていきます。) 



(5)NPO活動 


  仕事に少し余裕が出たこともあって、ファザーリングジャパンの活動を積極的にやっております。
  育休の経験等をいかして、『育休とお金』、『パパ友をつくろう』といったテーマで、パパ講座の
 ような場でお話しさせていただいたりもしています。
  
  「育休とお金」については、給与制度担当だった業務経験を活かして話をしてたりします。
   ↓
  こんな感じでしゃべってます。

   スライド1


   スライド2






    『パパ友をつくろう』については、

    そもそも、自分もパパ友をうまく作れているわけじゃないので、偉そうにいえることは
   何もないのですが、、そんな悩んでるパパとして、どういった点を悩んでいる
   かみたいなことをこんな感じで伝えています。



   20120115 江戸川パパスクール(荒木 写真抜き)


   20120115 江戸川パパスクール(荒木 写真抜き)2






   今後も、自分の経験をお話しする活動は行なっていきつつ、今は新たなテーマにとりかかっています。


 
   それは、『子どもとIT機器』について。
 

    2歳になる息子ですら、iPhoneを勝手にロック解除して、写真をみていたりすようになりました。
   これから5、6年の間にあらゆる機器に通信モジュールが搭載されるような社会がきます。
 
    子どもとITについて、親として、通信会社に勤める人間として、真剣に考えなくてはと、
   昨年から思うようになりました。

    
    いろいろと情報収集をしていてわかったことに、政府や、関連団体からの保護者への啓発には、
   限界があると言うこと。特に、ITに興味のない人たちにいかに伝えていくかが課題です。


    そこで、父親の集まりである、FJとして、親同士で考えるような場や方法を提供していき、
   子どもの可能性を伸ばすようなIT機器との付き合い方を模索していきたいなと思ってます。
 
    つい最近、プロジェクトを立ち上げたばかりで、まだ、具体的には何も決まっておりませんが、
   いずれファザーリングジャパン経由でみなさんにご報告したいと思います。




 こんな感じで、仕事で忙しくてあまりできなかったNPO活動にも力を入れれるようになっております。






 次回は、育休について改めて振り返っていきたいと思います。






Home | Category : 22 職場復帰② (完全復帰) (H23.2月~) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2012/02/10(Fri)

ブログの締め①(近況)

半年以上もブログを放置しておりました。
申し訳ございませんでした。


ブログを更新はしておりませんでしたが、

僕は、
相変わらず、保育園送りや家事等に追われながら
生活をどうにか楽しんでおります。


何だかあっという間に、育休を取得してから1年が経ちました。

イクメンブームも下火になりましたが、1年前より父親の育児が少しだけ
普通のことになってきたようにも思います。

息子が産まれる前に通っていたファザーリングスクールも、各地でパパスクールが行われるようになり、
様々な受講生が増えていることも、浸透してきたといえるかなと感じます。

本ブログの目的である『男性の育休の実体験を伝えること』は、ある程度果たしたように思いますし、
部署異動に伴い、「深夜2時帰宅男」から「定時帰り男」に変身してしまいましたので、
ここらで、僕の近況と育休を改めて振り返り、一旦本ブログ締めさせていただきたいと思います。


(ちょっと締めが長くなるので、分割してちょこちょこアップしてきます)


1 近況

 (1)仕事とWLB

    2011年8月に部署異動となり、全く畑違いの分野へ。これまで、人事業務だったため非組合員だった
   のが、異動後は組合員になったことや、業務量の劇的な減少もあり、労働時間が飛躍的に短くなりま
   した。
    ただ、勝ち取ったWLBではないので、不完全燃焼な感じは否めませんが、、、
   
    ちなみに、残業が異常に減ったことに比例して、給料も激減し、生活苦にあえいでおります(笑)


 (2)育児

    息子もあっという間にもうすぐ2歳になります。おしゃべりも上手になってきて、
   イタズラ好きで手をやくこともありますが、健やかに育ってくれています。
    育児の中での僕の担当は、朝の保育園の送りのみだったのですが、最近、早く帰れる日が
   多いので、週に1回は迎えもいけるようになってきました。

    あと、子どもが寝る前に帰れるようになったので、寝る前の絵本も、ほぼ毎日読んでいます。
    妻は、僕と息子がいっしょに絵本を読んでいる姿を見るのが好きだそうです。

    一緒に連れていける範囲が広がってきたので、先日は、趣味のジャズバンドの演奏に、
   2人で行ったりもしました。

   402554_212389945506730_100002071793231_455982_600440757_n.jpg




 (3)夫婦関係
 
   なかなか上手くいかないことも多いですが、『二人で育児している』という感覚は夫婦で持っており、
  お互いを労いながら、比較的うまいこといっている気がします。
   お皿洗ってくれて『ありがとう』、バンドの練習に行かせてくれて『ありがとう』など、
  自然と『ありがとう』が言えてるのでいい感じです。

   ちなみに、これは間違いなく育休による、僕の意識の変化が大きく貢献していると思います。


 (4)地域関係

   最近、保育園のパパ友を飲みに誘って、一気に関係が濃くなってきました。また、保育園の父母会の
  役員にも立候補したりしています。
   ただ、ブログにも書いていたパパサークルのほうを少しさぼっており、疎遠になっております。
   パパサークル活動を継続するのは、なかなかに難しですね。僕以外にも、中心となって積極的に動いて
  くれる仲間がサークルにいると違うんですけどね。
 
   今後は、気軽に集まれるように、児童館のパパイベントがあればいっしょに行くというような、
  ゆるいつながりにしていくよう検討中です。

   


  とりあえず、今日はここまでで。



  次回は、最近のファザーリングジャパンでの活動についてまとめて報告します。

 

Home | Category : 22 職場復帰② (完全復帰) (H23.2月~) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。