• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/10/28(Wed)

長時間労働。

深夜2時にすら帰宅できない男です。



何でこんな3時まで会社にいないといけないのだろうか?


何でこんなに生産性が低いのだろうか?


何で誰もそのことに疑問を感じて改善を行おうとできないのだろうか?


なんでという思いとその現状を改善できない自分な不甲斐なさへの怒りが交錯する帰りのタクシーの中です。
スポンサーサイト
Home | Category : 99 つれづれ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/10/27(Tue)

ファザーリングスクール第4回

昨日(10月26日)、ファザーリングスクール第4回目の講義を受けてきました。

以前、台風の東京直撃により延期になったため、イレギュラーに月曜日に開講です。


月曜日は、だいたい仕事が忙しく、とてもじゃないけど抜けれる雰囲気ではないのですが、
課長から『行って来い』という、ありがたい言葉をいただき、1時間遅れぐらいで参加しました。


今回のテーマは、『夫婦のコミュニケーション』

これは、大事。
というか、つい先週末、妻とケンカしたばかり。。。

これからの家族にとって、育児にとって、自分・妻の人生にとって、
すっごく重要だとわかっていながらも、なかなかうまくいかない。


今回で印象深く、心に残っていることは、
『妊娠中、育児中の妻は様々な不安を抱えている』ということ。

自分の体が日々変わっていく不安

出産そのものへの不安

母親になれるかという不安
社会から離れて孤立する不安

などなど。。。



いっぱーいの不安を抱えてます。

そんな、妻をほったらかしで、日付が変わるまで働いてたら、そら不安に押しつぶされてしまう(;_;)


そんな時に夫ができることは、とにかく妻を見てあげて、体の変化に気付き、妻の大変さを共有することだそうな。


でも、夜遅くに帰ってくるとそんな余裕もなかったりします。

そこで、そんなコミュニケーション不足の解消のために、うちは極力2人でお風呂に入ったりします。

体の変化もわかるし、話もできるし一石二鳥!!


さらに、講座の中で、納得したのは、

夫婦のコミュニケーションが十分でない

妻の意識が100%子どもにいく

過保護になる

親離れ、子離れできない


といった、連鎖。


全てのスタートは夫婦のコミュニケーションなんですね。

まずは、一度しっかりと向き合うことが大切ですね。
問題を棚上げにしがちな僕は気をつけないとなぁ。


Home | Category : 32 ファザーリングスクール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/10/23(Fri)

ファザーリングスクール第3回目

昨日はファザーリングスクール第3回目の『絵本&あそび』の講座をうけてきました。

『絵本』のパートを担当していただいたのは、絵本ナビの代表取締役の金柿さん。


この金柿さんの経歴が魅力的!!


以前は、深夜まで働くようなワーカホリックな状態だったのが、子どもが生まれて、
このままではいけないという危機感を感じて、退職して、6ヵ月間主夫をしていらっしゃいました。
そこで、子どもに絵本を読んでいると、絵本を紹介してくれるサイトがあったら
いいのにと思い、絵本ナビを立ち上げたそうな。

なんて、かっこいい人生なんだ。。。


というような、金柿さんが絵本について、絵本の効果やオススメ絵本を紹介してくれました。


その中で、印象に残っていることは、
『絵本はコミュニケーションツール』ということです。


当たり前のような気もするのですが、僕にとっては新たな気づきでした。

これまでは、絵本は読むもの、娯楽のもの、と考えていましたが、
そうじゃなかったんですねぇ。

絵本は、絵本をとおしてコミュニケーションをとるためのものだといことを学べました。

これを知って絵本を読むのとそうでないのでは、絵本の楽しみ方が全然違いそうです。


例えば、講座で紹介していただいた、
『ねぇ、どれがいい?』という絵本があります。

ehon773.jpg



これは、いわゆる究極の選択を子どもといっしょに楽しむ絵本です。



773-1.jpg




絵本をよみながら、子どもに『何でそれ選んだの?』とか、聞いてコミュニケーションを
自然に取れる絵本で、すごくいいなぁと感じました。

他にも、早く子どもによんであげたいと思う絵本がいっぱい。

何だか楽しみだなぁ。


Home | Category : 32 ファザーリングスクール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/10/13(Tue)

育休とお金②(休職中の収入)

前回の続きで育児休業中のお金(会社からの収入)について考えてみよー。

会社によって給与制度はまちまちなので、これは僕の会社でのお話ですが、
多くの会社で共通点があると思いますのでご参考にしていただければと思います。



まず、基本ですが、ほとんどの会社は育休は無給休職に設定されていると思います。


じゃあ、休職中はお金なんかでないじゃないか!!というと、実はそうではないのです。


ここで、確認してほしい給与のポイントは3つ、

①ボーナス
②翌月払いの給与項目
③日割計算対象外の給与項目


です。


ここからは、かなり細かい話ですが、妻が専業主婦の夫が育休をとるとなると
1万円でも大きな違いですので、書いていきます。


①ボーナス

 多くの企業は夏(6月)と冬(12月)に1回ずつボーナスが支給されます。
 僕の場合、予定では9月末から2月頭まで育休をとる予定なのですが、
 間にボーナス支給月である12月が挟まってます。

 ここで、見るべきポイントは2つ。

『支給対象者と支給額の算定方法』です。

 1)支給対象者

  ボーナスを支給する対象者が会社で定めらているはずですが、
  その支給対象者に育休中の社員が含まれているか確認が必要。

 2)支給額の算定方法

  支給対象期間に何ヵ月働いていたかをベースに算定されます。
  例えば支給対象期間が6月1日から11月30日の6ヵ月間の場合、

  僕の場合は支給対象期間のうち約2ヵ月間休むこととなるので、通常の支給額の
  おおよそ6分の4となることになります。

  ですので、例えば、45万円ボーナスで前回もらっていれば、30万円くらいは休職中でも出るのです。

これは、でかい!!

生活が助かるわぁ。


②翌月払いの給与項目

 給与については、項目によって、当月払いのものと、翌月払いのものがあります。
 一番わかりやすいのは、時間外手当はほとんどの企業は翌月払いのはずです。
 他にも、不定期に支給されるもの(交代手当とか、宿直手当みたいなもの)は
 翌月に支払われるものが多いと思います。

 ということで、休職をした月から給与がゼロになるというわけではなく、
 その月は、時間外手当などの分は支給されます。

 時間外の量や単金によって大きく変わるでしょうが、5万円程度は出るんじゃないでしょうか。


③日割計算対象外の給与項目

 これは、かなり細かいです。

 実は、給与の中には、日割計算されるものとされないものがあります。
 例えば、扶養手当なんかが日割対象外の給与項目だったりします。

 どういうことかというと、その月のうち、1日でも働いていれば満額出るということなのです。


 ここで、なぜ僕が、10月4日から1月28日まで育休を取りたいかの理由があります。

 そうです、この休職期間なら、10月給与と1月給与で満額の扶養手当が出るのです。
 扶養手当はバカにできません。特に専業主婦で子どもが生まれたら、月3万円程度
 もらえたりしますので、この数日の違いで6万円も変わるのです。

 ただ、会社によって、日割計算対象外の給与項目は大きく異なると思いますので
 要確認だと思います。



このように、実は無給休職ながら、結構お金はでたりしますので、育休のお金の
計画を立てるときは、まずは会社の給与にくわしい人にいろいろと聞いてみると
いいと思います。


さて、次回は、育児休業中の給付金についてだー!!






Home | Category : 02 育休準備②(お金について) |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
2009/10/07(Wed)

育休とお金①

さて、何かで読みましたが男性が育休をあきらめる原因に、

『家計が苦しくなるため』

という理由が、第4位となっているんだそうです。
(他の上位は、妻が育児するとか職場に迷惑かけるとか)


そういえば、以前、義兄(←朝ごはんから夕ごはんまで自分がするファザーリングパパ)
のうちに遊びにいったときに、「そんなに現実は甘くないよ」と言われたのを覚えてます。

おそらく、お金とか会社での風当たりのことを言っているのかなと思いましたが、


本当に現実は厳しいのか、とういうことでお金について、しばらくいろいろと考えたいと思います。

お金については、収入と支出がありますが、まずは、収入について考えます。


収入についても、大きく分けて2種類あります。
①休業中の会社の給与と②雇用保険から支給される育児休業給付基本金&職場復帰給付基本金、です。


実は、僕は会社では給与制度の設計・運用をしているので、育児休業を取得したときに
自分の給料がどうなるかは、会社の中では一番詳しかったりします。

こんな役得今使わなかったら一生使うことない(笑)!!


ということで、休業中の会社の給与について考えたいと思いますが、
今日はもう眠いのでここまでです。

詳しくは次回書きます。。。

おやすみなさい。

Home | Category : 02 育休準備②(お金について) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/10/05(Mon)

パパ料理

こんにちわ、しょうた@パパになるまであと5ヵ月です。

さて、昨日(日曜日)は夕ご飯に麻婆豆腐を作りました。
妻には、なかなかの好評でした。

IMG_0402.jpg


料理好きのパパみたいに毎週末つくるということではないですが、
ときどき作ります。

結婚した当初は、妻も僕も料理をこれまでしてこなかったので、
似たようなレベルでした。

ただ、どうしても僕は仕事で料理を作る機会が少ないので、
間違いなく妻より料理スキルの伸びが少ない。

そこで、考えたのは、僕は中華とパスタ担当になるということでした。

ということで、中華とパスタだけは、妻には作らせず僕の専売特許として
料理しているのです。

ただの負けず嫌いですね。


僕みたいな料理の仕方は、『男の趣味料理』というそうな、

では、『パパ料理』とは、なんぞや、、


パパ料理研究家の滝村さんにお会いしたときに教えていただきました。
(滝村さんブログ→ビストロパパ


パパ料理とは『家族のためにパパが作る料理』だそうです。

たとえば、自分は飲み会明けで何も食べたくないような朝にも
妻と子どものために、おいしい朝ごはんを作る、といったことだ
そうです。
(↑滝村さん、解釈がちがってたらすいません。)

僕は、まだまだ、自分の食べたいとき食べたいものを作っているので
パパ料理にはかけ離れてるなぁ。。

でも、滝村さんも昔はパパ料理ではなく、男の趣味料理ばかりされていたとのことですので
まずは、作らないより作ったほうがマシ、の精神で料理は続けたいなぁ。

『おいしい』っと一言いってもらえるだけで、すごくうれしいですしね。


麻婆豆腐は、ほとんど包丁使わないので楽チンですので、あまり料理されない方も
簡単にできますよ。
よければ、チャレンジしてみては?


P.S. 中華担当としては中華鍋が欲しいと妻に交渉しているものの「大きいし邪魔、そんなんより底の深いフライパンが欲しい」と一蹴されております。


Home | Category : 99 つれづれ |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
2009/10/04(Sun)

理想の家族


IMG_0400.jpg


理想の5人家族。

(孫も二人いるかも、、、)


Home | Category : 99 つれづれ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2009/10/03(Sat)

ファザーリングスクール効果

2日前に受けたファザーリングスクールの効果が早くも出てきた(^^)v

というのも、妻に「何か楽しそうだね」といわれたのだ。

最近は仕事でヘロヘロで家では口数が少なかった。
仕事が異常で深夜帰宅はまだ変わっていない、というよりむしろひどくなっているが、ファザーリングスクールのおかげで心は元気
さらに、休日にも関わらず仕事のアイデアがどんどん出てきた。
こんなことで喜んでる時点で仕事人間のような気もするけど、暗礁にのりあげている仕事だっただけに何だかうれしかった。

小室さんがセミナーでいっていた、仕事以外のことに力を入れることで、インプットができてこそ、質のいいアウトプット(仕事)ができることを実感。

僕のような忙しい職場でこそ、無理矢理定時あがりをして、社外、家などでインプットする時間をつくることが質のいい仕事ができるんだと確信しました。

うちのチームを変えなければ!!!

変わるかなぁ(ちょっと不安)



Home | Category : 32 ファザーリングスクール |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
2009/10/02(Fri)

ファザーリングスクール初日②

さて、どうにか間に合ったファザーリングスクール初日。

内容は、ワークライフバランス社の小室淑恵さんの基調講演。
東さんのワークライフバランスセミナーなどなどもりだくさん。

セミナーの中身はFJブログとファザーリングスクール事務局ブログ参照

http://ando-papa.seesaa.net/article/129326696.html

http://fathering-school.seesaa.net/

NHKでも放送されました。

http://www.nhk.or.jp/news/k10015843061000.html

※最後にちょこっと写ってました




さて印象に残っていることを2つほど。

1つ目は、小室さんの夫は深夜2時帰宅男だったにもかかわらず、さまざまなことを経て、
今では、朝食はすべて夫が作り、毎朝、子どものお風呂を入れるようなワークライフバランス王子に
なったことです。

そうか、変われるし、できるんだと自信がつきました。
ポイントは朝の時間の使い方なんですね。


2つ目は、東さんの講座の中で書いた、会社と自分と家庭の関係を表す3つの円。

IMG_0399.jpg



会社でかっ!! 

自分ちっちゃ!! 
しかも、会社に取り込まれてるし。。


今週は異様に仕事が忙しく、深夜2時どころか、早朝4時帰宅もあったため、かなり精神的に
会社に浸食されてたことがよくわかります。

にしても、自分がちっちゃい。

ちょっと会社から自分が出ているところが、今日ファザーリングセミナーに来れていることを
意味してたりします。


何かいろいろと考えさせられてしまいました。

で、次の日からまず変えたことが、最近、自分の書く時が小さくなってきている気がしたので、
力強く大きく書くことにした。(←ちっちゃな意識改革)

このちっちゃな意識改革が、会社の中で縮こまっている自分の変化につながるかなぁ。

Home | Category : 32 ファザーリングスクール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/10/01(Thu)

ファザーリングスクール初日①

今日、10月1日はファザーリングスクール初日!!

18時30分から八丁堀で開始。
僕の職場は終業時間が18時で大手町なので、電車でいくとすると
間違いなく定時にあがらないと間に合わないのです。

でも、これまで、個人的な理由で定時であがったことがありません。

事前に、2週間ほど前にファザーリングスクールというものに行きたいということは
上長、同僚には説明済ですが、あまりの忙しさのせいで、みんなが忘れてしまうことは
かなり可能性が高い。



16時半。

なんだか、課長達が打ち合わせをしている。
打ち合わせ長そうやなぁ。
てゆーか、自分の今日中の仕事がまだ仕上がってない。
ピンチ!!



17時半。

どうにか、自分の業務は最低限は完了。

まだ、打ち合わせしてる。
出づらいなぁ。



18時。

ヤバい。もう出ないと、初回なのに遅れてしまう!!
でも、何か話しかけづらいぞ。


18時15分。

意を決して、
僕:『すみません。今日、例のセミナーがあるのであがらせてもらいます!!』
上司:『ああ、そうだったな。行って来い』

会社の前のタクシーに飛び乗り、なんとかぎりぎりセーフ(汗)



自分が職場に対して気を使いすぎなんかなとも思う。

自分の仕事をしっかりしてさえすれば、堂々と『帰ります!!』って
言えばいいだけなんだけど、これが、なかなかどうしてうちの職場では
難しいのです。

とにかく、毎週木曜のファザーリングスクールの全8回を受講することが
僕のワークライフバランスの第1歩です。

※ファザーリングスクールの内容は別途で。

Home | Category : 32 ファザーリングスクール |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。