• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/09/21(Mon)

腹帯のお祈り

しょうた@東北旅行2日目です。

そろそろ妻が妊娠5ヵ月に入り、戌の日の腹帯祈祷をしようと思っておりました。
今は東京に住んでいるので有名な水天宮に行こうかと思ってましたが、急遽旅先の出羽三山神社という立派な神社で祈祷してもらえることができました(・∀・)
いっしょに本殿にあがって祈祷してもらえると、なかなか普段は意識できないおなかのなか赤ちゃんの順調な成長がうれしいなぁと言う気持ちとほっと安心した気持ちになりました。

子育てには、昔ながらの風習がたくさんあって面倒な反面、普段では気付かないことを気付かせてもらえるチャンスなのかもしれないです。

普段仕事が忙しいプレパパ(←僕)にとって戌の日のお参りは父親の自覚を持つためにも大事ですねぇ
スポンサーサイト
Home | Category : 01 育休準備① |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2009/09/20(Sun)

フジテレビの取材

こんにちわ。

しょうた@両親と東北旅行中です。


突然ですが、僕が活動しているNPOファザーリングジャパンが立ち上げた父親学校ファザーリングスクール関係でテレビ取材を受けることになりました
しかも、家と職場の密着取材
そんな、取材してもらえるような大した人間ではないのでかなりびびってます。
取材を受ける前段でいくつか事前調査があり、自分の考えをまとめることができたんで、アップしてみます(´∀`)



〔プロフィール〕
○年齢:27歳
○職業:入社4年目(H18.4入社)
○結婚年数:1年(H20.11結婚)

〔育児関係〕
○ファザーリングスクール(10月から始まる父親学校)に通おうと思ったきっかけ:

まだ子どもがいる同年代の友人等は少なく、さらに育児を積極的に
楽しんでいこうと思っている友人は私のまわりには、ほとんでいないため、
育児の話で盛り上がれるような、パパ友がほしいと思ったことがきっかけ。
当然、育児に関するさまざまな知識もスキルもまったくないため、妻に負けないよう
いろいろ勉強したいという思いもある。

○育児休暇をとろうと思ったきっかけ(できるだけくわしく):

第1の理由は、ただ単に、育児を辛いことも含めて全力で楽しみたいと
思ったから。さらに、育児を全力で楽しめる期間は限定的で今しかできない
と考えているから

第2の理由は、妻ががんばっていることを応援したいから。
現在、妻は幼稚園教諭と保育士の資格をとるため専門学校に
通っている。子どもができたためこの10月から休学をしており、
スムーズな復学ができるため育児休暇を取りたいと思った。

その他の理由としては、大学時代に家族学を勉強しており、いろいろと
勉強した結果、男性の育児休暇をきっかけとした、男性の働き方の見直し・
男性の家族との関わり方の変革・地域との関わり方がこれからの社会に
必要なことと考えているから。

○周りで育児休暇をとった人はいるか:

ファザーリングジャパンの会員の方以外はいない


○育児休暇をとることに対する上司の反応:

 非常に理解ある対応をしていただいており、子どもができる前から育児休暇をとるといってたこともあり、実際に子どもができ育休をとりたいと伝えたときも、すなりと了解をもらえた。
また、その後、私の今後のキャリアについて考えてもらっており、育児休暇以外にも在宅勤務や短時間勤務についてなども検討してみればいいとアドバイスをいただいている。


○出社前・帰宅後に育児や妻の助けにしていること:
特に妻の助けのためにやっているわけではないが、生活していくために、自分の役割として、出社前は、朝にできるように予約しておいた洗濯物を干すのと家の中のゴミを集めてゴミ出し、妻が先にでるときは朝食の食器洗いをしている。

○育児休暇に関して奥様はどのように話しているか:
ちょうど生後8カ月ごろのかわいくなってきたときに私が育児休業をとるため、ズルイッと言われてます(笑)


○育児休暇をとってやりたいこと:

とにかく育児に没頭したい。また、その期間にこれまで苦手だった家事(裁縫など)を習得したい。


こんな感じです。。。


また、放映日が決まったらアップしまーす(^^)v
Home | Category : 32 ファザーリングスクール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/09/02(Wed)

キャラ作りと刷り込み。

さて、育児休業にはさまざまな準備が必要ですが、まず育児休業を取りたいと思ったらすぐにでもしたほうがいいことは職場でのキャラ作りです。


遅刻をしてきても、「あいつはしょうがない。朝に弱いから」とみんなに思われて怒られない人が職場に一人はいませんでしょうか?

これもキャラのなせるわざ。

何度も遅刻しているうちに、みんながその人を遅刻キャラとして受け入れているのです(^皿^)



これと同じように、僕は妻の妊娠がわかるまえから、飲み会の席等で子どもの話なんかが出るたびに自分の子どもできたら育休をとりたいと上司、同僚に言い続け、キャラ作りをがんばりました。

むしろ自分が育休をとりたいということを言うためのきっかけに、同僚、上司に子どもの話をふってたりしました(笑)

その結果、実際に子どもができたときも、上司の頭の中で『妊娠=育休』ということが刷り込まれており、上司に妻の妊娠の報告をして返ってきた言葉は、『で、(育休を)とるのか?』という言葉でした。

このような流れになれば、あとは、『はい、とります』というだけで、難関と思われる育休取得の職場での承認すんなりいただけました。



今回、僕が上長に承認をすんなりもらえたのは、やはりキャラと刷り込みのおかげだと思います。

妊娠が発覚する前からことあるごとに様々な方面に言っておけば、自然とキャラはついてきて、職場での刷り込みもできます。
ただし、育児に対する考え方は人それぞれなので反対されることや誤解されることもありますが、それにめげずに、とにかく言い続けることでまわりもキャラを受け入れてくれるようになるのかなぁと思います。

Home | Category : 01 育休準備① |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。