• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/06/28(Mon)

親子カヌー

この土曜日は、ファザーリングジャパンのあるメンバーが地元(茨城県守谷市)で仕掛けた親子カヌーイベントに遊びに行ってきました。

地元の児童館と組んで、10組程度のご家族で、カヌーです。


↓パドリングの説明など

P1160623.jpg


カヌー乗っている時の、子どもの顔はすごくいい顔してたし、なんだかパパと力を合わせて進もうとしているのがいいなぁと感じました。


↓カヌーの風景

P1160633.jpg



我が家は、まだまだダイゴが小さいので一緒には乗れませんでしたが、何とダイゴを預けて、夫婦で乗ってきてしまった。。。

気持ちよかったー。



さて、今回のイベントは、守谷市の児童館主催という形で、ファザーリングジャパンが協力して、カヌートリップラクーンにカヌーの準備や講習をお願いして開催されました。


こういった、地元の児童館や、さまざまな人の力を集めて行われるイベントっていいですね。

みんなで、『子どもたちにのい笑顔を作ろう、楽しい経験をさせてあげよう』という思いが、
イベントを作り上げ、さらに、参加者もその気持ちを共有して、協力しあいながら、
わいわいと楽しいカヌーイベントになりました。


ファザーリングジャパンは、何かとメディアを利用した空中戦が目立つし、仕掛けがうまいのですが、
それとは別に、それぞれの地域でこういった活動をみんながやってるというところが僕は好きです。


まだまだ、地域とのつながりがない僕ですが、こういったイベントを参考にさせてもらいながら
地元から何かできればいいなぁと思います。





スポンサーサイト
Home | Category : 31 ファザーリングジャパン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/03/09(Tue)

さんきゅーパパプロジェクト


このたび、僕の所属するNPOのファザーリングジャパンで、育休をとるパパたちを支援するプロジェクトが発表されました。

その名も、『さんきゅーパパプロジェクト』


テレビや新聞でも取り上げられたのですが、結構、勘違いされた切り取り方をされがちです。


というのも、さんきゅーパパプロジェクトでは、産後8週回以内に育休を取得したパパに『5万円/月』を支援しようという内容があるのですが、そのお金の部分だけを報道されることが多いです。

で、そんなお金がちょっとあっても育休パパは増えないよーという反論になりがち。。




さんきゅーパパプロジェクトは、もちろん、そういった経済的支援を行う一方、実際に、育休を取得したパパ達が孤立化しないように、パパネットワークの形成の仕組みづくりにも力をいれます。

また、企業のサポートを促すことで、企業への啓もうも大きなミッションです。



今年は、父親の育児にとって大きな1年となりそうです。

ご興味のある方は、下記のHPをぜひご覧ください。
サポーターも募集しておりますー。

http://www.fathering.jp/sankyu/index.html


また、育児休暇で話題となった、つるの剛士さんからもメッセージをもらったりしてます。

HPにもございますが、よければ下記にも載せるのでご覧ください。





Home | Category : 31 ファザーリングジャパン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。