• プロフィール

    荒木 正太

    Author:荒木 正太
    『日本の働き方をもっと柔軟にし、父親の力を家族・地域へ還元したい!!』
    というミッションを胸に、日々もがいている会社員です。

    1982年生まれ奈良っこ。同世代ではめずらしい4人兄弟の末っ子。
    学生時代から家族学に興味があり、『企業に勤める男性の育児休業』をテーマに卒論を執筆。

    平成21年7月に妻の妊娠がわかり、長時間労働が常態化している職場にもかかわらず、家族との密な時間を確保するために育休取得を決意!!

    平成22年2月に息子誕生。

    職場の理解と協力もあり、平成22年9月28日~12月31日まで育休取得(有給休暇含む)

    平成23年1月からは6時間の短時間勤務で復職。
    同2月にフルタイムへ復帰。
    同8月に部署異動(深夜2時帰宅男から定時帰り男へ)

    平成24年2月 息子2歳&ブログまとめ

    平成24年8月 第二子誕生、その後毎日定時上がり(予定)


    このブログは、今後は基本的には更新しませんが、その後の僕の近況などはfacebookやtwitterでアップしております。

    [facebook/twitter]
    http://www.facebook.com/shota.araki
    http://twitter.com/shota_btb
    ※「ブログ読みました」とメッセージいただければ基本的にはFBのリクエスト承認いたします。


    直接、僕に連絡されたいという方は以下にお気軽にメール願います。

    shota68[アット]gmail.com
    ※アットを@へ変更の上メール送信願います。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2013/04/17(Wed)

働き方見直しの結果② 在宅勤務(2)〈仕事の効率〉

前回は、在宅勤務実施時の家庭生活のメリデメを書きましたが、今回は、肝心の仕事についてです。


本題に入る前に、勘違いされるとまずいと思ったので、僕のスタンスをはっきりさせておきますが、

僕は、在宅勤務を含めテレワークという働き方はもっと広がるべきだと考えています。

ただ、「とにかく在宅勤務をすれば、業務効率あがって会社も社員もみんなハッピー」という、
単純な話ではないな、と今回実感しました。



世間では、『在宅勤務時の業務効率については、邪魔が入らず集中して仕事ができるため効率があがる』


と、言われておりますが、

これは、あくまで様々な準備ができているという前提条件があってのことだと思います。




というのも、僕が今回数回だけやったことに限ると、正直言って、ちょっと効率が下がった気がするのです。


もともと、電話や突発オーダー等で邪魔があまり入らない業務をしていることもあり、在宅勤務のメリットが少なかったこともありますが、

なぜ、効率が下がったか、その原因について「勤務環境」と「仕事の仕方」に分けて考えてみたいと思います。


(勤務環境について)
①会社のサーバー等へのアクセスに時間がかかって、スムーズに作業できない
②家の中に書斎などあるわけもなく、集中できる仕事スペースがない
③妻が家にいると、気になって集中できない


会社の在宅勤務システムは、仮想デスクトップを利用しており、全ての作業が、ネットワークを介して会社のサーバーにアクセスしながらとなります。
そのためか、僕のPCがしょぼいのか、PCの反応が微妙に遅い。
パワポやエクセルで資料を作っている時に、微妙に反応が遅いと、本当にイライラします。


あと、やっぱり職場は仕事に特化したスペースがあるため、家より仕事しやすいです。当たり前ですが、、、

物理的な環境ってものすごい大事だと痛感しました。


また、前回、僕が在宅勤務していると妻がリラックスできない、という家庭生活のデメリットを書きましたが、
その逆もまたしかり、ということで、僕も妻のことが気になってしまい、集中しづらかったです。



(仕事の仕方について)
①紙資料が手元にないので、さっと調べ事ができない
②複数人での打合せが難しい
③つい気がゆるんでしまう


上記の3つについては、解決できる問題ではありますが、急に在宅勤務をすると結構困ります。


③は、僕の性格によるところではありますが、学生のときも家で勉強ができないタイプの僕にとって、やはり家で仕事することに慣れてないため、会社にいるときのような気持ちで仕事に取り組むことが難しかったです。


慣れの問題かもしれませんがね。



ざっと原因をみていると、要は、普段の仕事の仕方を変えずに、また、適切な環境がない中で急に在宅勤務をすると、効率は下がる可能性がある、ということだと思います。


何か、文字にしてみると当たり前のような感じがしますね。



ちなみに、効率はさがったんですが、職場にいないことで、目に見える成果を出さないとサボっている
と思われるため、「今日やるといった業務はやりきらないといけない」という気持ちは
ものすごく強くなります。

そのため、ヘタするとサービス残業することになります。



imagaaes.jpg





そんなこんなで、在宅勤務、一筋縄にはいかないなと思いながらも、継続して実施することで、解決策も見えてくるだろうと思い、週一で在宅勤務を続けていこうと思っていたある日、




「この日は、業務が忙しくないため、在宅勤務でもいいですか?」

みたいな聞き方を上司にしてしまい、


「仕事が少ないときこそ、会社に来て、新しい仕事を自らみつけるべきなのでは」

と注意されてしまいました。



在宅勤務をすることが目的化してしまい、上司にとっての部下の在宅勤務がどう見えているか全く意識できていませんでした。(反省)

自分にとっては、在宅勤務をすることで家庭生活において大きなメリットがあるものの、会社(上司)にとっては、メリットがなかったんですよね。

そりゃ、圧倒的な業務効率をもって、会社にいるより大きな成果を出せないと、進んで在宅勤務させようとは、会社(上司)は思わないのが当たり前ですよね。


と、そんな注意を受けてから、在宅勤務をしなくなってしまいました。

上司にものすごく強く言われたわけではないのですが、在宅勤務をすることで圧倒的な成果を
出す自信がないため、言いづらくなってしまいました。



考え過ぎなのかもしれませんが、何かもっと気軽に在宅勤務できたらいいのになぁ、と最近は思います。


在宅勤務が日本で広まらない原因には、いろいろなことが言われていますが、個人的には、
「会社にわかりやすいメリットがないから」なのではないかと思います。


全面的にテレワークを導入して、オフィスの賃貸料の削減などに取り組んでいる会社では、
テレワークの利用は当たり前となっていますが、

基本、みんなが会社にくるような職場では、制度はあっても社員に在宅勤務させる
メリットってあんまないんですよね。


この根本をうまく解決できないと、在宅勤務(テレワーク)の普及って難しいなと思いました。



実際に在宅勤務を取得して感じたことは以上です。


imaaages.jpg





現在、テレワーク(在宅勤務)については、「自宅で働ける環境の整備」という
日本経済再生本部で出された総理指示(2013.1.25)を受け、総務省中心に活発に動いているようです。

一方、テレワークが当たり前の国、アメリカでは、米ヤフーが在宅勤務を禁止にしてみたりと、逆の動きもあったりします。

日本と米国では状況が全く違いますから、比較すべきではありませんが、
在宅勤務には在宅勤務のよさがあり、オフィス勤務にはオフィス勤務のよさがある、という当たり前のことを
整理したうえで、より働きやすい勤務環境ができればいいなぁと思います。


個人的には週に1回くらいは在宅勤務できたらいいのになー、とまだ思っております。。





スポンサーサイト
Home | Category : 41 次男誕生後 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2013/03/27(Wed)

働き方見直しの結果② 在宅勤務(1)〈家庭生活のメリデメ〉

さて、働き方見直し②の「在宅勤務」について、
どうなったかのご報告なのですが、


実は、数回しか在宅勤務を実施できておりません。。。



なぜ、そうなったかのかという経緯を書く前に、

まずは、実施回数は少ないのですが、在宅勤務を実施して思ったメリット・デメリットなど、家庭生活に関することを書きます。


メリット
 (通勤がないので)
   ①前日の夜、少し気持ちに余裕が出る。
   ②朝も余裕があり、保育園に息子を送りに行く前に絵本を読める

 (家で仕事をしているので)
   ③宅急便等の荷物を確実に受け取れる
   ④昼休み中に、予約していた本を図書館に借りにいける
   ⑤昼休み中に、掃除等ちょっとした家事ができる
   ⑥天気のいい平日に布団が干せる
   ⑦地震が起きても、子ども達をすぐに迎えに行ける距離だから安心
   ⑧仕事終了後、すぐに子どもの迎えや家事にとりかかれて、夜の時間に余裕がでる。




と、通勤がなく家にいることで、一言でいうと、

「家庭生活に余裕が出る」

といったメリットがあります。



実際にやってみるまで気づかなかったんですが、在宅勤務だと、前日の夜から既に余裕が出るんですよね。

で、気持ちに余裕があると、夫婦の時間・コミュニケーションが増える気がします。


実際、僕が在宅勤務をしたとき、息子の保育園の運動会にむけ「子どもの似顔絵を書いてきてください」というお願いが保育園からあったので、子どもが寝ついてから妻といっしょに息子の似顔絵を書いて、どっちがうまいか、みたいなこともしたりしました。

普段なら、平日のバタバタの夜にこんなこと絶対しません。


あと、ネットでモノをよく買う僕にとって、荷物を確実に受け取れるというのは、以外に便利でした。


         ダンボール



もちろん、メリットばっかりではありません。
家で仕事することで、デメリットもあります。


デメリット
 (家で仕事をしているので)
   ①光熱・水道費、電話代等がかかる
   ②おかしを食べ過ぎる
   ③昼ごはんを用意しなければいけない
   ④(家にいる)妻がリラックスできない


僕の会社では、在宅勤務時の電話代等の負担を会社はしてくれないため、
仕事でいろいろなところに電話をすると結構お金かかります。

ということで、メールでの連絡が増えるのですが、
メールばっかりでコミュニケーションをとっていると、やっぱり伝わりづらかったりもします。


あと、これは個人差あるとは思いますが、ついついお菓子を食べて過ぎてしまいます。

職場にいれば、売店に買いに行くという手間があるため、それほどお菓子たべないですが、家ではボリボリ食べてしまう。



           ポテチ



これはまずい。。。。確実に太る。。




あと、昼ごはんが結構面倒。

普段は会社に食堂があるのでそこで食べているのですが、
家で自分で作るとなると、インスタントラーメンとかになりがち、、


            カップヌードル


で、結局、野菜とか食べないので、これも太る傾向に。。。。





さらに、「妻がリラックスできない」というデメリットもありました。



これは、共働きであれば生じない問題ですが、妻が家にいる方は結構大きいかもしれません。

今回、我が家の場合は次男が産まれたばかりであり、普段、妻は家にいる状態でした。



で、僕が1日家で仕事をしているため、結構、気を使わせてしまいました。

「家にいるのに話しかけてはいけない」、というのは結構なストレスだったりします。


普段の夫婦仲が良くない場合は、もうこのデメリットだけで、在宅勤務という選択肢は消えるでしょうね。
考え方によっては、なるべく衝突を避けていた夫婦が、在宅勤務をきっかけに衝突し、お互いの気持ちを話すきっかけができ、夫婦仲がよくなるこもあるかも、なんて、、


とまぁ、デメリットはあるものの、総合的に見れば、家庭生活において在宅勤務はかなりよい働き方だと実感しました。




さて、肝心の仕事について、



世間では、在宅勤務は業務効率を上げると謳われておりますが、


あまり大きな声では言えませんが、
ちょっと効率下がったような気がします。。。



少し長くなってきたので、今回はここまで。

次回は、在宅勤務時の仕事の効率のことを書きたいと思います。



Home | Category : 41 次男誕生後 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2013/02/14(Thu)

働き方見直しの結果① 原則、定時あがり

”あっ”という間に、長男も来週で3歳になります。

次男も、もうすぐ離乳食始めるとか、何か信じられない。。。



さて、半年ほど前にブログで記載した「働き方改善宣言」の、その後について報告です。


改めて、働き方改善の内容は以下の3つ。

①原則、定時あがり
②週に1回は在宅勤務
③4月からGW明けまで育児休職




今回は、①「原則、定時あがり」について



以下が、僕の時間外労働(残業)時間の実績です。


jikangai.jpg

いやー、前の職場では毎月80時間以上残業してたと思うと、ものすごい短なったなぁ。


まぁ、そんなことは置いといて、

見ての通り、次男が産まれた8月から時間外が減っています。
まぁ、8月は夏期休暇があるし、9月は業務的に忙しくなかったので、意識した結果ではないわけですが、

10月からは定時上がり意識しました。




が、思わぬ壁が、、、



しかも、妻から、、、




「そんなに早く帰って来ないでいいから、もうちょっと働いて給料増やして(懇願)」




||||||||||||||(* ̄ロ ̄)||||||||||||||||





確かに、深夜2時まで働いてころと比べたら給料めちゃくちゃ減った上、子ども2人いたら家計が大変なわけですよ。


でも、早く帰って、育児・家事したほうが、妻も少しは楽になる、と思って定時あがりを率先していたのですが、
現実はそんなに甘くはないですね。。





とまぁ、そんなことを11月くらいに言われてから、
たまたま、12月以降、上司からのオーダーが増え、その他の業務も増えたため残業増えてます。

※決して、ゆっくり仕事をして、ムダに残業しているわけではないですよ(汗)


ただ、最低、週3日は定時あがりで、他の2日に残業を集中させ、
メリハリつけれているので、いい感じではあります。


これも、仕事の進め方を、かなりの範囲自分で決めれる担当にいるということが大きいですね。

結局、WLBという意味では、『業務の裁量度』と『職場のコミュニケーション』が非常に大事だと、
これまでの職場をとおして実感しました。
(あと、妻との感覚を合わせることと、、)



次回は、②在宅勤務について報告しまーす。


Home | Category : 41 次男誕生後 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
2012/09/14(Fri)

上司との相談結果

さて、先日のブログで宣言したとおり、

上司と、今後の働き方について相談してまいりました。



おさらいですが、僕のやりたい働き方は、


①原則、定時あがり

②週に1回は在宅勤務

③4月からGW明けまで育児休職


の3点。






先日、仕事の関係の打ち合わせをしていて、


その流れで、



「実は別件なんですけど、妻と子どもがこちらに戻ってきてからの働き方について
ご相談したいことがあるんですけど、、、」



と、かなりストレートに相談しました。



①の定時上がりは、実は、今の業務だとそれほど難しくありません。

(前の職場では、ありえませんけど、、)


というのも、普段からそれほど残業していないので、あとは、自分の段取り&仕事スピードを
あげるだけで、それほど迷惑かけずにできます。



問題は、②の在宅勤務。


101102productivity_remotework-thumb-480x318.jpg

(↑我が家は、こんなカッコよくありませんが、、、)



2年前に会社の制度が改正されて、かなり多くの社員が使えるようになったのですが、


実際に使っている方はほとんどいない。



ていうか、同じ部署では皆無。




そのため、みんな、どんな制度なのかも把握しておりません。




今回、相談したときに気をつけたポイントは、以下2点。




①まず、自分が制度のことをしっかり勉強する。

②なぜ、在宅勤務を取りたいのかをはっきり伝える。



そもそも、相談するほうも、相談されるほうも制度のことをわかっていないと、
話になりません。

それって、どうやって申請するのか、在宅勤務中の勤務時間はどう管理するのか、など
基本的なところはしっかり調べておきました。



②の、なぜ、在宅勤務をとりたいのか、というのは、


このあたりをちゃんと説明しないと、下手すると、上司の目のないところでサボりたいだけやろが、

と勘違いされる可能性があると思います。



今回、僕が在宅勤務をとりたい理由は3つ。


Ⅰ 単純に通勤時間を短縮でき、その分、家事・育児ができる

Ⅱ 子どもと親が二人きりで家にいることがどれだけしんどいかわかるので、
  たとえ、仕事をしていて別の部屋にいたとしても、家にいる、それだけで
  妻の気持ちが和らぐから。

Ⅲ 会社、また、社会全体で柔軟な働き方を広げていきたいと考えており、
  そのためにもまずは実践して、良い点や課題を自分で感じたいから。



ここまで真剣に在宅勤務について考えてりゃ、そう簡単に反対できないでしょう。



と、いろいろ考えていったのですが、

そんなことせずとも、理解ある上司だったので、すんなりOKいただきました。










ただ、③の4月から育休は、まだ、言い出せておりませんが。。。。。





まぁ、とりあえずは、9月末には、妻と子ども達が帰ってくるので、

定時上がり&在宅勤務生活を進めていきたいと思います。




また、そのころになったら様子をアップしますね。


Home | Category : 41 次男誕生後 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。